戻る大規模災害時における相互支援協定を締結しました

大規模災害時、本学周辺地域での協力体制を構築することを目的として、本学と武蔵野市役所、東京消防庁武蔵野消防署、警視庁武蔵野警察署、4者との間で「大規模災害発生時における亜細亜大学周辺地域での相互支援等に関する協定」を締結しました。

4月21日は武蔵野市役所において締結式が執り行われ、各機関の展望や意見、プランなど情報交換する場となりました。

マンパワーが必須となる災害時。大学ができる人的、物的支援をはじめ、4者協働で有事に備える体制、意識づくりの有益性を確認し合いました。

なお、大学が行政機関だけでなく、消防署と警察署を交えて協定を締結することは稀有な試みです。今後、各々の役割を活かしながら地域の安全を支援し合う環境が整えられると期待されます。
<2016年04月21日 17時10分>