戻る台湾の司書が本学図書館を見学

台湾の中学校、高校、大学から司書30名が本学図書館を見学に来学しました。
亜細亜大学の図書貸し出し機や、ラーンニングコモンズなど設備面、図書の管理や外部との連携など、サービス展開や利用状況などについて熱心に質問が飛び交いました。
震災の際の状況や復旧についてなど、災害対策についても注目が集まるなど、共通の課題を持つ国として有意義な情報提供・交換の場となりました。

およそ2時間の見学では、本学で学ぶ台湾からの留学生、董家宇君(経営2)が通訳として同行。歓迎の雰囲気とともに、日本や本学での生活について尋ねられる場面もあり、始終和やかに交流を図ることができました。
<2016年08月10日 19時32分>