戻る第58回アジア祭を開催しました

11月2日の前夜祭を皮切りに4日間にわたる「第58回アジア祭」(テーマ「アジア祭×君=」)を開催しました。

学生団体によるさまざまな屋台が出店されたほか、教室での研究や課外活動の発表、3号館講堂や体育館前広場での賑やかなステージ発表など、盛りだくさんの内容となりました。

【11月2日】

朝から準備が進められ、夕方には3号館講堂で前夜祭が開催されました。

開会式では栗田充治学長からの挨拶があり、続いての前夜祭では、音楽団体やダンスサークルによるパフォーマンスなどで会場は大いに盛り上がりました。

【11月3日】

3日は天候にも恵まれ、また、祝日ということもあり、家族連れなど多くの方が来場し、屋台や教室での展示・発表は賑わいを見せていました。

屋台は定番の焼きそばや焼き鳥のほか、チョコバナナやベビーカステラなどのスイーツ、バナナ春巻きやタピオカ、チヂミといったアジア地域のグルメまで、さまざまなメニューが並び、どの店舗も列を作っていました。

教室では、各団体による活動内容やテーマ研究についての展示・発表、音楽団体のライブ演奏などが行われ、学生の発表に対して熱心に耳を傾ける来場者の姿がありました。

夕方には、3号館講堂で「BLUE ENCOUNT」と「04 Limited Sazabys」によるライブパフォーマンスが行われ、会場は大いに盛り上がりました。

【11月4日】

4日は、屋台や教室での展示・発表が行われたほか、体育館前の屋外ステージと3号館講堂で「A-STAGE」が行われました。

屋外ステージでは飛び入り参加型のカラオケ大会やお笑い大会などが行われ、3号館講堂では15の団体・グループによるステージが披露されました。

また、3100教室ではお笑いコンビ「ハマカーン」司会による「新川優愛トークショー」も開催され、会場には多くの観客が詰めかけました。

【11月5日】

最終日5日は、屋外ステージで歌やダンスが披露される中、ガムラン研究会が音色と舞踊で観衆を魅了しました。
土曜日ということもあり、家族連れの参加者も多く見られ、えんにちではヨーヨー釣りなどで遊ぶ子どもたちの姿もありました。

企画展示や屋台、ステージだけではなく、来場者が快適に過ごせるよう働きかける学生も見逃せません。
アジア祭期間中は「エコアジアプロジェクト」としてゴミの分別を仕切る学生が活躍したほか、実行委員が各所で来場者の誘導にあたりました。

3号館講堂で開催された閉会式および後夜祭では、アジア祭公式テーマソングが披露されたほか、NONSTYLEと横澤夏子によるお笑いライブ、大抽選会が催され、大盛況のうちに第58回アジア祭を締めくくりました。

<2016年11月05日 18時30分>