戻る川又ゼミが熊本復興支援策を発表

 川又啓子経営学部教授のゼミナールでマーケティングを学ぶ学生たちが、5月からくまモンを活用した熊本地震復興支援に取り組んできました。

▽これまでの活動報告

 これまでの活動の集大成として、プレゼンテーション大会「くまモンを活用して熊本を盛り上げよう!」の中間報告会・本大会を行いました。

 中間報告会は11月25日、熊本市中央区のくまもと県民交流館パレアで開催。プレゼンテーションを行いました。

 本大会は12月9日に東京都文京区の拓殖大学文京キャンパスで開催。
拓殖大学・田嶋ゼミナールとの合同でプレゼンテーション大会を行い、3組に分かれて発表しました。

当日の発表内容は次のとおりです。
<発表1>
亜細亜大学・川又ゼミナール(3名)
「くまモンを活用したスポーツ・ツーリズム:熊本でのインバウンド需要を促進する」

<発表2>
拓殖大学・田嶋ゼミナール(5名)
「埼玉熊本化計画(仮題)」

<発表3>
亜細亜大学・川又ゼミナール(4名)
「くまモンを活用したコーズ・リレーテッド・マーケティング:東京での熊本県産品の販路を拡大する」

なお、当日は熊本県東京事務所、JA熊本果実連の方々にご来場いただき、発表後にはコメントも頂戴しました。

<2016年12月20日 17時00分>