戻る9月卒業式・9月入学式を挙行(9/20)

9月卒業式

9月20日に「9月卒業式」「大学院9月入学式」が挙行されました。

9月卒業式では、大連外国語大学編入生16人、大学院9人を含む計98人が亜細亜学園から巣立ちました。
栗田学長は、ドイツの詩人ゲーテの「急がずに、だが休まずに」を引用。この言葉は人生を生きていく姿勢のあり方を示したものであるとし、やり始めたことは最後までやり遂げることが大切であると餞の言葉を送りました。
また、落合寛司青々会会長からの祝辞では、卒業生のネットワークをうまく利用して、社会人人生にぜひ活用して欲しいとのアドバイスが送られました。

大学院9月入学式では、アジア・国際経営戦略研究科に入学した5人の留学生が一人ずつ紹介されました。 栗田学長は歓迎の挨拶で、日本とアジアの発展のための人材育成として、1954年に96名の留学生を受け入れたことについて触れ、積極的に留学生を受け入れてきた亜細亜大学の歴史を紹介しました。

大学院9月入学式

<2017年09月21日 18時51分>