戻る「スポーツ博覧会東京2017」で学生が運営ボランティアとして参加

井の頭恩賜公園西園で開催された、「スポーツ博覧会東京2017」に、本学から柔道部・空手道部・ボクシング部の学生がボランティアとして運営に協力しました。

これは10月7日と8日に、東京都と公益財団法人東京都スポーツ文化事業団が主催した、さまざまなスポーツを気軽に楽しみながら体験できるイベントです。当日は柔道、空手、ボクシングをはじめ、ボルダリング、テコンドー、ラクロス、ヨガなど数多くの体験プログラムが行われました。スタッフとして協力した部員は、それぞれの体験コーナーで来場者に指導。柔道と空手の参加者は小学生以下の子どもが多く、ボクシングは社会人が多く参加しました。

同博覧会は、駒沢オリンピック公園でも開催されましたが、井の頭恩賜公園西園会場の来場は、7日が3万2000人、8日が5万3000人と盛況で、学生スタッフも活気のある会場で尽力しました。
<2017年11月09日 10時28分>