戻る平成30年度 新入生研修 「出会いの広場」(学内編)

「出会いの広場」がスタート!

新入生の研修「出会いの広場」が始まりました。経営学部は学内で実施。法学部・国際関係学部・都市創造学部は鬼怒川温泉で2泊3日、経済学部は初日が学内、2日目から1泊2日で鬼怒川温泉へ行きます。朝のキャンパスは、鬼怒川温泉へ向かう3学部のバスで、満車となりました。

 

学内編

1日目

経営学部経営学科は、教員紹介に始まり、オリゼミごとに自己紹介。その後、キャリア教育やBBU(ビジネスバックアップ)の学生による「なんでも相談会」などが実施されました。
 

ホスピタリティ・マネジメント学科は、午前に学科ガイダンスとキャリアセンターガイダンスが行われ、午後は冒頭に栗田学長から挨拶がありました。その後、新入生同士の緊張をほぐすために、教員による簡単なゲームや自己紹介で積極的なコミュニケーションを図りました。さらにグループ毎での課題解決を目的としたワークショップを行い、最後に優秀グループと個人を発表。賞品が贈られました。

経済学部は午前中に、基礎学力調査・アンケート調査。午後は図書館ガイダンスとキャリアガイダンスのあと、留学制度説明が行われました。
 

それぞれの学科には先輩補助学生が入り、初日のスケジュールが終わる頃には、みんなすっかり友達になっていました。


 

友達の出身地がさまざまで、高校までとは違いを感じた自己紹介

みんなで食べるとひと味違うお弁当

ワークショップで友達との距離が近くなった

この中に未来のゼミの先生がいるはず・・・

あっという間にうちとけ、次第に笑顔が増えた

2日目

出会いの広場2日目です。
経済学部は、9時30分にバスで鬼怒川温泉へ出発しました。
現地到着後は班別にミーティングや散策、夜は経済学部全体でレクリエーションが行われます。

経営学科はジュニア・アチーブメント日本のプログラム「MESE」を体験しました。これは4、5人のグループを会社と仮定し、他の班よりも優れた会社経営を目指すものです。価格や生産量、宣伝広告費、設備投資費などを意思決定することで、経営を実体験で学びました。成績優秀チームには、高石光一経営学部長から、一人一人に賞品が贈られました。
 
ホスピタリティ・マネジメント学科はコミュニケーションスキルとキャリア・ビジョンを行いました。グループごとの発表では初日以上に結束した様子で、工夫を凝らし積極的に課題に取り組んでいました。教員・学生全員がこのオリエンテーションを楽しみ盛り上げようという雰囲気が伝わってきました。

「MESE」を体験。学長の視察に緊張!?

先輩からのアドバイスで雰囲気も和やかに

成績優秀者には学部長から賞品が渡された

一息つけるランチタイム

笑いと手拍子でお互いの発表を盛り上げる

トレーニングの成果!自慢の笑顔が最高

3日目

出会いの広場最終日。

経営学科は、情報教育オリエンテーションとなんでも相談です。
 3日目を迎えると、初日に比べて緊張感もほぐれた表情が多くなりました。
情報教育オリエンテーションでは、manabaの説明や、パソコンにメールが届いたお知らせをスマホに転送する方法などを、先輩補助学生が指導しました。さらに、 何でも相談では、履修や留学についての質問に、分かりやすく丁寧に答えて、新入生の不安を解消しました。

ホスピタリティ・マネジメント学科は、図書館ツアーと情報検索演習が行われました。
図書館では利用の仕方、参考文献の探し方など補助学生や図書館のスタッフから説明を受けました。情報検索演習では亜大ポータルの使い方やパソコンでソフトを使った文書の作成を実習。初日から積極的にコミュニケーションをとり、この3日間で新入生同士の距離がぐっと縮まりました。

 9日(月)からは、いよいよ授業開始。大学生活の本番スタートです。

指導を受けて真剣に取り組む

先輩からのアドバイスは何より心強い

苦手なことも先輩のサポートでわかりやすく

初めての大学図書館。4年間お世話になります

<2018年04月04日 17時06分>