戻る「自助協力を考える集い」を開催しました(11/26)

初代学長・太田耕造先生の命日である11月26日、学友会主催の「自助協力を考える集い」が開催されました。これは、建学の精神「自助協力」を改めて見つめ直すための行事で、今年も多くの学生が太田先生の胸像前に集まりました。

初めに、大島正克学長から「『自助協力』という理想の実現のために、亜細亜大学で学んでいるということを今一度心に刻んでください」と訓示がありました。その後、中央執行委員長の小林祐介君(法4)による自助協力についてのスピーチ、副委員長の中根葵さん(法4)による太田先生の略歴紹介がありました。

最後は参加者全員で1分間の黙とうを捧げ、会が締めくくられました。

△大島正克学長による訓示

△胸像へ献花

△応援指導部の先導で学生歌を斉唱

<2018年11月26日 14時00分>