戻る「亜細亜大学禁煙推進宣言」を策定しました

喫煙に起因する健康被害は重篤なものであり、特に望まない受動喫煙による非喫煙者の健康被害は大きな社会問題となっています。このため、国内では「健康増進法」が一部改正(令和元年7月1日施行)されるなど、受動喫煙防止に関わる法整備が進みました。

これに伴い、令和元年7月以降、大学敷地内は、受動喫煙を防止するために必要な措置がとられた「特定屋外喫煙場所」を除いて、原則禁煙となります。なお喫煙規制や受動喫煙防止の徹底については、日本のみでなく、国際的な潮流として、世界各国で進んでいます。

こうした状況を受け、亜細亜大学は関係法令を順守し、グローバル・スタンダードにあった受動喫煙のないキャンパスを目指すとともに、第2期3カ年中期行動計画における「安心・安全・魅力的なキャンパス整備」の一環として、未来ある学生が大学生活の中で喫煙習慣を身に付けないよう、また、現在喫煙者である学生が「卒煙」して社会へ巣立っていけるよう、次の活動を組織的に推進します。

(1)学内喫煙所の順次撤去
(2)学内での禁煙啓発・支援活動の実施
(3)指定喫煙所以外での喫煙防止のための巡回強化
(4)教職員の禁煙推進

本学のキャンパスは、学生や教職員のみでなく、卒業生や地域の皆様、海外からの来賓など、多くの方々が集う場であります。本宣言は、こうした開かれた大学としての責任についても重く受けとめ、ここに大学としての禁煙推進に関わる姿勢を誓うものです。

何卒、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 

令和元年7月1日
亜細亜大学
学長 大島 正克


Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社のAdobe Reader(無料)が必要です。Adobe Readerをお持ちでない場合は、Adobe社のホームページからダウンロードしてください。
<2019年07月01日 00時00分>