戻る令和元年度「奨学金授与式」を行いました

「令和元年度 奨学金授与式」が7月18日、学内で行われました。

今年は「亜細亜大学特待生」、「亜細亜学園奨学金」や「東急奨学金」、「青々会奨学金」など全9種類の奨学金に延べ363人が採用されました。

大島正克学長は、「勉強をするにはお金がかかります。お金を得るために、自分の時間を削ってアルバイトをしている人も多いと思います。今回授与された奨学金によって、皆さんに勉強する時間が与えられたと考えてもよいでしょう。これを無駄にせず、自分だけでなく世のため次の世代の人たちのため、さまざまな貢献をしていくことを期待しています」と祝辞を述べました。

青々会副会長・黒岩秀隆氏は、本学の建学精神「自助協力」と関連付けて「皆さんは自分の一番の助け人は自分だと自覚して勉強していると思います。先生や先輩、友人から多くの知識を獲得して努力を続けてください。また、どんなに優秀でも一人で生きてはいけません。周りと協力する気持ちを忘れず、信頼関係を築いていってください」とメッセージを送りました。

△大島学長のあいさつ

△授与式に出席した奨学生たち

△奨学生と握手をかわす黒岩青々会副会長

<2019年07月18日 15時27分>