戻る【入学予定の皆さま】令和3年度授業実施方針について

令和3年3月12日
本学に入学予定の皆さま
学長 大島 正克
 
令和3年度授業実施方針について
 

本学に入学予定の皆さま、合格おめでとうございます。

新型コロナウイルス感染症の蔓延状況に鑑み、令和3年度の授業方法は、教室での対面式とオンラインによる遠隔式を併用する「ハイブリッド授業」を基本といたします。

学生の皆さまの安全性を確保するため、対面式での参加は任意とし、対面式と遠隔式のどちらで受講するかを選択できるようにします。

また、登校にて「対面式」授業の受講を希望する場合も4月の段階では分散登校(※)とし、学内において感染対策に十分に配慮を行った上で授業を実施します。

定期試験については、前期は対面式による試験は実施いたしません。後期については改めてお知らせいたします。

しばらくは予断を許さない状況が続きますが、学生の皆さまを万全の体制でお迎えできるよう、教職員一丸となって新年度の準備を行って参りますので、安心して新学期をお待ちください。

なお、新型コロナウイルス感染症蔓延の状況によっては、「ハイブリッド授業」をとりやめ、すべての授業を「遠隔式」で行う可能性もありますので何卒ご承知おきください。

※分散登校とはキャンパス内の三密を避けるために、学生を学籍番号末尾「奇数」(Aグループ)と「偶数」(Bグループ)の2グループに分け、週がわりで交互に登校する方式です。登校週でありましても、学生の対面式授業への参加は任意とします(学生への「対面式」は強制いたしません)。5月以降につきましては4月の登校状況を見て、継続するか否かを判断いたします。

以上

<2021年03月12日 18時00分>