戻る2021年度 新入生研修「出会いの広場」

「出会いの広場」が始まりました。これは新入生が不安を解消し、学生生活を安心してスタートするためのプログラムです。教員と学友会の「新入生研修委員会」が中心となり、先生・先輩・友達と出会うための3日間のプログラムです。

1日目は学内で実施。2・3日目はオンラインでの実施となります。
初日の午前は経営学部、国際関係学部、午後は経済学部、法学部、都市創造学部が分散登校し、学内に集まりました。

最初のプログラムは「班別ミーティング」です。これは、新入生15人前後と教員・先輩の補助学生でひと班を構成。自己紹介やレクリエーション、履修の相談などをとおして、教員と先輩が新入生の不安を解消しました。自己紹介では、今後の抱負として、「公務員になりたい」「勉強をしっかり頑張りたい」と、目標が語られました。

班別ミーティングが終わると、キャンパスツアーです。学食が入ったASIA PLAZAでは、先輩が食券の買い方や、お勧めのメニューを教える姿がところどころで見られました。

キャンパス中央の広場では、吹奏楽団の演奏により、新入生を歓迎するチアリーディングと、応援指導部が神宮球場で行っている野球の応援を披露しました。

明日、2日目のプログラムは学部によって内容は異なりますが、オンラインで学部長あいさつをはじめ、ICTや、留学などの各種ガイダンスが行われます。

班別ミーティングでは、先輩だけでなく先生とも出会えた

レクレーションで友達との距離が、ぐっと近くなった

自己紹介で自分と共通点のある友達が見つかった?

はじめは緊張してもすぐに打ちとけられた

班の雰囲気をやわらげてくれた先輩の存在は大きい

吹奏楽団と応援指導部による新入生歓迎

<2021年04月07日 14時36分>