戻る文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」に認定されました

令和3年8月4日に亜細亜大学データサイエンス副専攻が文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」に認定されました。
この制度は内閣府・文部科学省・経済産業省の3府省が連携し、大学等における数理・データサイエンス・AI教育の取り組みを奨励するため、設けられた制度です。

「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」とは

学生の数理・データサイエンス・AIへの関心を高め、かつ、数理・データサイエンス・AIを適切に理解し、それを活用する基礎的な能力を育成することを目的としています。
数理・データサイエンス・AIに関する知識及び技術について体系的な教育を行うものを文部科学大臣が認定及び選定して奨励しています(認定期限は令和8年3月31日まで)。

亜細亜大学のデータサイエンス副専攻

データサイエンス副専攻とは

本学のデータサイエンス副専攻は、多くの産業分野で重要な役割を果たしているデータサイエンスに関する知識を体系立てて学べるようにデザインされた副専攻です。
全学部の学生が履修でき、所定の科目群から20単位以上を修得した学生には、卒業時に修了証を授与します。

データサイエンス副専攻で学べること

・文理融合的な視点でデータを統計的に分析できるだけでなく、課題を分析し人工知能(AI)等の手法を用いて課題解決へと結びつけることができる。

・文系の学生が、データサイエンスをビジネスから環境問題にまで応用するための基礎力を身につけることができる。

・基本的なデータサイエンスの手法を習得し、与えられたデータセットに対して自分の判断で適切な分析手法やアルゴリズムを選択し、分析を行い、結果に解釈を与えられるようになる。

・人工知能、機械学習、ディープラーニングに関する基本的な手法を理解し、これを現実的な問題に応用できるようになる。

「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」認定ロゴ

<2021年08月04日 17時45分>