戻る令和3年度秋学期 授業実施方針について

令和3年8月11日
 
令和3年度秋学期 授業実施方針について
 
学長 大島 正克

本学は、今年度の春学期も新型コロナウイルス感染症への感染リスクを下げるため、対面と遠隔を併用したハイブリッド形式で授業を実施してきました。

今年度の秋学期は、対面授業による教育効果をより重視し、新型コロナウイルス感染状況を注視しつつ、各世代のワクチン接種の普及状況等にあわせて、段階的に登校の機会を増やすことといたします。

具体的な方針は以下のとおりですが、今後の感染状況によっては、内容の一部を見直す可能性があります。

1.秋学期始業の10月段階での登校は任意としますが、11月には登校を強く推奨、12月には教室における対面式での受講を原則とします。

2.海外から日本に入国できない留学生、あるいはやむを得ない理由(基礎疾患等)がある教員及び学生には遠隔式の授業を保証します。
以上

<2021年08月11日 18時30分>