戻る令和4年度 授業実施方針について

令和4年度 授業実施方針について
亜細亜大学

本学では、令和4年度(2022年度)の授業について、現時点で、以下のような実施方針を立てております。新型コロナウイルスの感染状況によっては、変更の可能性があることにご留意下さい。
変更の場合は、速やかに、本ページに掲載します。
 

新型コロナウイルスの国内(とりわけ東京都)の感染状況が落ち着いている場合

1.感染対策を十分に講じた上で、大学構内での対面授業(学生と教員が教室で向き合う授業)を原則とします。したがって、学生の皆さんは、大学に登校して授業を受けることとなります。

2.登校できない事情のある学生の皆さんについては、所定の手続きを経て、別途の受講を認める場合もありますが、あくまでも例外的な措置であることにご留意下さい。

3.教育効果を考慮した上で、個別の授業として(あるいは個別の授業のなかで)オンラインのコミュニケーションは、今後も活用してまいります。たとえば、海外在住の講師が、授業に登壇するといった場合が、それにあたります。

4.気象や交通のトラブルなどで登校が困難になった場合も、授業をオンラインに切り替えることがあります。したがって、学生の皆さんには、常時、オンラインで受講できる態勢(情報端末ならびに通信環境)の準備をお願いします。

新型コロナウイルスの感染状況によって、大学構内での対面授業の実施が制約を受ける場合

1.感染状況に応じて、随時授業体制を変更します。

2.オンラインでのコミュニケーションの活用などを通じて、全面対面と同等の質と量の授業を実施します。

以上

<2021年11月15日 09時00分>