戻るプラごみ削減に向けた学生プロジェクトを実施しました

学生サポーター主催の「亜細亜で水を汲もう!」プロジェクト(通称あじみず)が12月6日から17日にわたって学内で実施されました。学生や大学関係者に環境問題について関心を深めてもらうことを目的に、学内の給水器からマイボトルに水を汲むことを習慣化し、プラスチックごみの排出削減を促す試みです。

実施にあたっては学内で購買施設を運営するハヤト商事(株)と共同し、給水器の利用頻度に応じて購買施設で利用できるクーポンを発券する仕組みを考案。多くの学生たちに働きかけられる内容にしました。コロナ禍で多くの在庫を抱える購買施設にとっても廃棄処分を減らすアプローチとして実現されました。

来校者が少ない状況でしたが12日間で約80人の学生・教職員が活動に参加しました。
4人は今後も「あじみず」活動を継続しながら、プラスチックごみの削減だけでなく、不用品の再利用などのプロジェクトに携わっていきたいと意気込みを語ってくれました。
実施の経緯
●プロジェクトメンバー
秋場満梨奈(3年)、坪井優大(3年)、粕谷未来(3年)、勝見遥(3年)

●粕谷未来さんのコメント
プロジェクト立案のきっかけは、海岸のごみ拾いボランティアに参加したことです。海岸に廃棄されたり流れ着いたりした廃棄物の多さに愕然としました。ゴミ拾いの活動と並行して、環境問題に対して多くの人に関心をもってもらう必要性を強く感じ、「あじみず」に挑戦しました。

また、新型コロナウイルスの影響で予定していた留学が中止になってしまいました。在学中に打ち込めたものが何もないまま学生生活が終わってしまう危機感から学生サポーターに応募したことも大きなきっかけです。
学生サポーター
「学生による学生のためのサポーター」として、学生生活や授業、学生間交流などの支援や企画立案を通し、学年・学部に関わらず学生同士の支え合いを実現するボランティアサポーター制度です。
<2021年12月20日 18時30分>