戻る学生サポーター有志を対象に執筆講座を実施しました

大学の魅力やお知らせを学内外に発信する学生サポーターの育成を目的に、12月17日に学内で執筆講座を実施しました。講座は対面式で行われ、有限会社IMPACTで記事作成やディレクションを担う葛西由恵氏と久保範明氏を講師に迎えました。参加した5人の学生有志は執筆に際して必要な準備・心構えを学んだのち、文章の構成や取材、写真撮影、SNSの活用に関する技術的な知識も深めました。

会場では講師から返却された事前執筆課題の添削を熱心に読み返したり、助詞や句読点など表現に関わる具体的な質問をしたりと意欲的に学ぶ学生の姿が見られました。参加学生の一人は「文章を書くのが得意ではないので、上手になりたいと思い参加しました。講座に参加して、インタビューにも興味が湧きました」と感想を述べました。

学生サポーターは現在、学生生活のアドバイスやキャンパスで排出されるプラスティックごみ削減など、多岐にわたる活動を行っています。
学生サポーター
「学生による学生のためのサポーター」として、学生生活や授業、学生間交流などの支援や企画立案を通し、学年・学部に関わらず学生同士の支え合いを実現するボランティアサポーター制度です。
<2021年12月21日 11時04分>