戻る令和4年度入学式の映像を公開しました

令和4年度入学式が4月3日に学内で挙行され、大学(5学部)1505人、大学院(3研究科)50人の学生が亜細亜大学に入学しました。本年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、第1部・第2部入替制で行われました。

入学式鳥観図

式典会場となった3号館講堂では、吹奏楽団による生演奏が新入生を華やかに迎えました。永綱憲悟学長は新入生に向けた歓迎の言葉として「たくさんアジアを旅すること、本を読むこと、恋愛を楽しむこと、そして勉学に励む4年間にしてください」とメッセージを贈りました。続いて野本弘文氏(東急グループ代表/東急株式会社代表取締役会長)の祝辞、学友会中央執行委員長の鈴木陽介君(都4)による在学生歓迎の辞、新入生宣誓と第一学生歌斉唱を経て式典は閉幕しました。

式典後は、学科ごとの教室に分かれ、学生証の交付や履修登録システムの利用方法などのガイダンスが実施されました。会場では早速に出身高校やサークル参加などについて語らう新入生たちの姿がありました。また、経営学科と法律学科の教室では、耳の聞こえない新入生による手話での自己紹介が行われ、自身のこと、日常生活でサポートしてほしいことについて、画面資料とともに説明がなされました。障がい学生修学支援室やピアサポーター制度についての案内も行われ、大学の特色ある取り組みに新入生の関心が集まりました。

当日は花冷えの一日となりましたが、学生団体が準備したフォトスポットでは、家族や友人と記念撮影しながら門出を楽しむ新入生たちの笑顔が見られました。

新入生の皆様のご入学を心よりお祝い申し上げます!

新入生宣誓

学生証を確認する新入生

学生歌斉唱

学生証配布

フォトスポット

聾学生挨拶

<2022年04月15日 12時00分>