戻る学生団体を対象としたマナー講習会が開催されました

GWを控えた4月28日、学友会が主催するマナー講習会が学内で行われ、学友会、体育会、学術文化連合会に所属する学生100人以上が参加しました。

講習会では本学人事課職員が登壇し、成年年齢を18歳に引き下げることを内容とする「民法の一部を改正する法律」が今年4月1日から施行されたことに触れ、飲酒や喫煙のマナーを指導するなど、成人として責任ある行動を呼びかけました。

終盤には学友会スタッフがアルコールパッチを参加学生に配り、会場で実際にパッチテストを実施。自分がアルコールを分解しやすい体質か否かを自覚するだけではなく、一緒に講習会に参加した仲間同士で情報を共有し、飲酒に対する心構えを促しました。

△アンケートを取りながら講習会を進める

△参加者全員が会場でパッチテストを行った

<2022年04月28日 22時41分>