戻る第51回県人祭を開催しました

第51回県人祭が、5月9日から12日まで3年ぶりに学内で開催されました。

県人祭は「自分の故郷をもっと知ってもらいたい!好きになってもらいたい!」を目的に、学友会団体の県人会連合会が企画運営するイベントです。今年のテーマは「県人リベンジャーズ」。地元の魅力を発信するために、全国各地の出身者がさまざまな企画を行いました。
 

▼1日目:前夜祭
クイズ大会、吹奏楽団、應援指導部によるパフォーマンスが行われました。また、プロの踊り子をお招きし、徳島県の郷土芸能である阿波踊りが披露されました。
▼2日目
全国各地のゆるキャラがASIA PLAZA前の中央の広場に集いました。学生たちはさまざまなゆるキャラとの記念撮影を楽しみ、会場は活気に溢れました。
▼3日目
「ケンゲーム」と題し、ご当地クイズ大会や型抜きゲームが行われました。参加者同士で協力し合うゲームでは、それぞれの地元の話に花を咲かせる姿が多く見られ、会場は明るい雰囲気に包まれました。
▼4日目:後夜祭
ハワイアン研究会によるバンド演奏、県人企画ムービー「しりとり料理バトル!」の上映が行われました。その他にも、3組のお笑い芸人をお招きしたライブや抽選会が催され、会場は大いに盛り上がりました。

県人祭開催期間中にはASIA PLAZAで全国各地のご当地メニューが数量限定で販売されました。たこ焼き(大阪)や川通り餅(広島県)などが用意され、学生たちは各地の名産品を楽しみました。

今年は在学生のみの参加となりましたが、県人祭は大盛況で幕を閉じました。

△ゆるキャラと触れ合う学生たち

△ケンゲームを主催した県人会連合会の皆さん

△ハワイアン研究会のパフォーマンス

△ご当地限定メニュー

<2022年05月13日 12時00分>