戻る秋月弘子教授(国際関係学部)が国連の女子差別撤廃委員会委員に再選

6月23日にニューヨークの国連本部で行われた女子差別撤廃委員会(CEDAW)委員選挙において、本学国際関係学部国際関係学科の秋月弘子教授が再選を果たしました。

同委員会は個人の資格で参加する23人の委員で構成され、女子差別撤廃条約の進捗状況を検討します。選出の経緯および委員会に関しては外務省が公開する「女子差別撤廃委員会委員選挙投票結果」にてご覧いただけます。

<2022年06月27日 11時40分>