亜大スポーツ亜大スポーツ

第2次強化合宿in妙高 始まる

陸上競技部です。

 8月28日~第2次強化合宿が始まりました。

 北海道釧路市に続いて、ここ新潟県妙高市も気温が20度前後と涼しい中でのトレーニングとなります。ロードでの練習が続き、疲労を訴える選手も増えてきました。毎年、ここ妙高市でのトレーニングが一番苦戦する時期です。ロードでの練習が続くからでしょう。できるだけJOGの時には、ダートコースを走るように心がけていますが、ポイントとなる練習は、20km仕様のトレーニングになるので、力のない1年生や故障で走れない時期があった選手は、スタミナ切れを起こす時期になります。反対に、うまくトレーニングを継続できている選手は、まだまだ余裕があります。

 また数名の選手は実業団の合宿にも参加させてもらい、意識も高くなってきたように見受けられます。実業団の合宿に参加した選手には、合宿中のミーティングでチームに落とし込みたいことを話してくれるのですが、どれも参考になり刺激を受けています。また、トレーナーも帯同して頂いているのですが、ただマッサージや鍼治療、電気治療を受けるだけでなく、翌日までに自分でできるケアを教えてもらい、それを自分で行うことも習慣づけるようにしています。練習以外のところでの過ごし方で大きな差が出るのがスポーツの世界です。指導者の前だけしっかりやるだけでは、秀でた強さは身につきません。私生活を再度見直し、予選会までの残りの日々を悔いなくやっていこうと誓い、第2次合宿後半の山場の練習に向けて、気持ちを引き締めていきます。第2次強化合宿では、「挨拶」「整理整頓」を再度徹底し、気持ちいのいい雰囲気の中、きつい時期を乗り越えていきます。

チームの主力になりつつある3年生が距離走30kmを引っ張ります。(左から田巻、米井)

給水場所では、女子マネージャーも走りながら給水を手渡しします。

リーダーも交代しながら引っ張ります。(左から山口、西村いずれも3年生)

ラスト10km余裕のありすぎる選手はペースアップしました。(左から米井、2年の田崎)つなぎの30km走なので、最後まで余裕を持って走りきりました。

4年の加藤主将、古川3年リーダーが1年生の千田、柿木、2年生の荒木、初のA合宿参加の西村とともに声を掛け合い、予定より少し良いペースで30km走を走りきりました。

9月6日までの第2次強化合宿。山場の練習が待っています。いい感触をつかんで、9月7日~17日の第3次強化合宿in菅平に繋げたいと思います。大学の夏休みはほぼ合宿で終わります。充実した合宿をして、箱根駅伝予選会突破を目指します。

亜大陸上部 監督 佐藤信之
PHOTO 主務 網野優介

第28回 BFA アジア選手権(侍ジャパン社会人日本代表)に、 2名のOBが出場!

硬式野球部です。
今年、10月2日(月)~8日(日)に台湾で8つの国と地域が参加して開催される「第28回BFAアジア選手権」で2大会ぶりの王座奪還を目指す「侍ジャパン社会人代表」24名が発表され、本学OBから、北村祥治内野手・藤岡裕大内野手共にトヨタ自動車所属(平成27年卒)の2名が選出されました。
アマチュア球界最高峰の選手が集結する侍ジャパン社会人代表だけに、本学硬式野球部にとっても大変名誉なことであり、後輩の部員にも良い刺激となります。是非とも、北村選手・藤岡選手の国際大会でのご活躍を祈念いたします。選手一覧は、こちらからご覧下さい。

北村祥治内野手

藤岡裕大内野手

フレッシュトーナメント 試合結果

硬式野球部です。
本日(30日)に行われました。フレッシュトーナメントの試合結果をお知らせいたします。

亜細亜大学 1 対 5 駒澤大学

試合の流れ


亜大は初回、1番栗原選手の四球からチャンスを作り伊藤(寛)選手のヒットで先制します。しかし、1回裏に四球とエラーで一転のピンチに陥り、先発の栗田投手は無死満塁から4番、5番を打ち取り6番の当たりはサードへのゴロでピンチを脱出したかに思えましたが、送球エラーによって2点を失ってしまいます。その後もヒットと守備の乱れで2点を失い、1回終わって4対1と亜大は追う立場に、その後の攻撃では一死三塁や二死二塁三塁などのチャンスを作りますが駒大投手陣の要所を抑えるピッチングであと一本が出ず、中継ぎ登板の高山投手、平内投手の好リリーフもありましたが、敗戦となりました。

平内 龍太 投手

リリーフで登板 自己最速を2km/h更新する149㎞/hを計測!!

平内 龍太投手

平内 龍太投手

今日の振り返り


ストレートを中心に攻めるピッチングができたのでよかったです。しかしまだベルト付近の高さに行くボールが多くあるので低めへと投げ込めるようにしていきます。

秋季リーグ戦へ向けて
どのような状況でも強気で攻めるピッチングをしていき、チームの勝利に貢献できるように全力を尽くします。

本日はご声援ありがとうございました。

東京都大学サッカーリーグ第10節 結果

サッカー部です。

8月27日(日)に東京都大学サッカーリーグ第10節が行われました。

前半30分にサイドから突破を許し、失点。いくつかチャンスがあったが、得点できず0-1で前半を折り返す。
後半が始まり、なかなか得点が奪えなかったが、後半23分、宮坂剛己(経済学部1年)のクロスに、鈴木俊太郎(経済学部3年)が合わせたがポスト直撃。その跳ね返りを坂東篤(経営学部1年)が押し込み同点。
後半31分には鈴木耕大(経済学部2年)の見事な個人技で相手を抜き逆転する。
後半34分には、長里亮真(経営学部1年)が上手く相手の裏に抜け、クロスを上げる。それを田中裕康(経済学部2年)落ち着いてゴールに流し込み追加点。
試合終了間際、後半43分には絶好の位置でフリーキック。高橋涼馬(経営学部4年)が蹴ったボールは美しい弾道を描き、4点目を決める。そのまま試合終了。4-1で後期開幕戦勝利となった。

次節は、9月3日(日)に東京大学戦、東京大学グラウンド12時キックオフで行われます。後期連勝できるよう、チームが一丸となり戦います。ご声援よろしくお願いします。

8月の振り返り

アメリカンフットボール部です。

今回はANGELSの8月を振り返ってみたいと思います!

8月は合宿が3回ありました。日の出キャンパスにあるセミナーハウスにて、2泊3日の合宿を昨年から行っています。

とても過密なスケジュールとなっており、3日間を終えると選手たちはくたくたに疲れきってしまいます。しかし、それだけ得るものも多く、この3回の合宿でかなり成長できたと思います。

また、OBの方々からたくさんの差し入れも頂き、辛い3日間を乗り切ることができました。ありがとうございました!

9月にも合宿がありますが、この合宿が終わるとあっという間にリーグ戦に突入します。緊張感を持ちつつ練習に臨みたいと思います!

応援のほど、よろしくお願いいたします!

2017秋季東都リーグ開幕!!初戦は日本大学戦

硬式野球部です。
今秋の東都リーグがいよいよ開幕いたしました!
本学の初戦は9月12日(火)に行われる日本大学戦です。

今秋のリーグ戦では創部60周年に花を添えると共に、王座奪還を掲げリーグ戦優勝そして明治神宮野球大会の優勝を目指します!

亜細亜大学の初戦は第2週!!

秋季東都リーグ 第2週 於 明治神宮球場

9月12日(火)  
 
第1試合 10:30 試合開始予定
 
亜細亜大学(三塁側) vs 日本大学(一塁側)
 
※三塁側の大学が先攻です。
※天候や東京六大学野球連盟の試合結果などにより日程が変更する可能性があります。ご了承ください。
※日程や試合情報の詳細は東都大学野球連盟ホームページを参考にしてください。
東都大学野球連盟のホームページはこちらから
※プロ野球併用日のため延長は行いません。

明治神宮球場へのアクセス

明治神宮球場最寄り駅一覧

最寄駅 ※駅名をクリックで各ホームページへ移動
  ○ JR中央線  千駄ヶ谷駅   徒歩15分
      ○ JR中央線  信濃町駅    徒歩15分
  ○ 銀座線    外苑前駅    徒歩5分
  ○ 大江戸線   国立競技場駅  A2出口より徒歩10分
 

入場料金
 一般  1300円 
 シニア 1000円
 学生   600円(学生証提示)
※連盟加盟校以外の学生も学生料金で入場できます。

熱いご声援お待ちしています!

2017年度 秋季東都リーグ戦 試合日程

硬式野球部です。
秋季リーグ戦の試合日程をお知らせいたします。

皆様の熱い声援をお待ちしております。

平成29年度東都大学野球秋季リーグ戦、激励会開催!

生田勉監督


硬式野球部です。
9月5日から開幕いたします、秋季リーグ戦に向け、毎シーズン恒例の亜細亜大学青々倶楽部主催による激励会が日の出キャンパス日の出グランドにて開催されました。


今回の激励会には、亜細亜大学硬式野球部青々倶楽部会員をはじめ、大学教職員、青々会の方々、地元のファン、応援指導部、野球部員等総勢350人以上の方々にご参加いただき、日の出野球場内でバーベキューが行われました。

主催者を代表して田中基靖青々倶楽部会長の挨拶で始まり、大島硬式野球部長の挨拶に続き、生田監督より、「春季リーグ戦では戦力も整い、大学4冠を目標に掲げ、自信を持って挑んだが、肝心のチームワークが乱れ、悔しいリーグ戦となったが、この夏季の釧路キャンプでは例年以上に4年生に対し厳しい練習を課し、鍛え上げました。大学野球は4年生が一つにならないと良い結果がでません、4年生のまとまりに期待して、秋季リーグ戦での王座奪還、神宮大会での日本一を勝取り、硬式野球部創部60周年に花を添えます」と力強い抱負が述べられ、青々倶楽部鈴木洋一副会長の音頭で乾杯が行われました。

歓談中には、OBをはじめ、大学関係者、地元ファンの方々から多くの激励の言葉をそれぞれの選手にいただきました。野球部員にとっては、多くの方々の支えとご支援があって、亜細亜大学硬式野球部がここまでの伝統を築き上げて来られたことを改めて実感する1日となりました。
最後に北村主将から「まとまりのない4年生に対し、再度チャンスを与えてくれ、厳しく指導してくれた監督に感謝して、4年生が一つにまとまり死に物狂いで秋季リーグ戦に挑みます。何が何でも日本一を勝取り、皆さまに恩返しをしたいと思う」と力強い抱負が述べられ、応援指導部の音頭による、第一学生歌を全員で合唱し、硬式野球部創部時のメンバーである吉川先輩の1本締めで会は終始和やかな雰囲気で盛会の上、終了となりました。


北村主将と田中基靖会長

田中基靖会長より

本日(26日)は、秋季リーグ戦激励会に、OB以外の大学関係者をはじめ、青々会の方々、地元地域のファンの方々等、大勢の方々に参加いただき、改めて多くの方々の支えがあって亜細亜大学硬式野球部が活動出来ているのだと実感いたしました。「本当に心から感謝を申し上げます。」今年度、亜細亜大学硬式野球部は創部60周年を迎えます。是非とも創部60周年に花を添えるべき、秋季リーグ戦・神宮大会では、頂点を勝取り、皆様方と美酒を交わせるよう、後輩達は頑張ってくれるものと思います。多くの方々に神宮球場に足をお運びいただきご声援いただけますようお願い申し上げます。
 


大島正克部長

北村主将

応援指導部によるエール

参加者による第一学生歌斉唱


秋季リーグ戦での熱いご声援をお待ちしております。

第1次強化合宿in釧路 最終ポイント練習終了

陸上競技部です。

 8月13日~27日の第一次強化合宿in釧路の最終ポイント練習が終わりました。気温が28度とやや暑い中での練習となりました。ロードで3km×7のレースペースでのトレーニングを行いました。
 3年生の山口、米井、古川、2年の田崎、4年生の加藤、関根、酒井、佐々木あたりが気迫ある走りを見せました。
 1年生として参加した兼次、柿木、中川、浜崎、千田、A合宿初参加の3年の西村、2年の荒木、山本も最後まで力を出し切り今後の飛躍につながりそうです。
 4年の服部も長期故障から回復の兆しを見せました。3年の市川、田巻はスピード練習で後半遅れる場面も見られましたが、今後に期待の持てる走りを見せました。


第一次合宿も終わり、一度寮に戻り翌日から8月29日~9月6日まで第二次強化合宿が新潟県妙高高原で行われます。引き続き箱根駅伝予選会突破に向けて良い足を作っていきます。

最後になりましたが、釧路強化合宿にあたり、サポートして頂きました亜細亜学園同窓会青々会 北海道連合会 釧根支部の皆様、釧路市教育委員会、ホテルマーシュランド、釧路市体育協会、その他関係者の皆様、誠にありがとうございました。

インディペンデンスリーグ 城西大学戦 結果

サッカー部です。

8月24日にインディペンデンスリーグ 城西大学戦が城西大学グラウンドで行われました。

前半23分、右サイドを浦田(経済学部1年)がドリブルで相手をかわし、クロスを上げる。それを横山(経営学部1年)が冷静に右足で流し込み先制し1-0で前半を折り返す。

後半が始まり、何度かピンチがあったがGK石野(経営学部1年)が一対一を止めるなど、集中力を切らさなかった。後半アディショナルタイムに岩下(法学部2年)の強烈なミドルシュートが決まり追加点。2-0で試合終了。勝利を掴むことができました。
 次節は8月30日に玄海田公園グラウンド13時5分キックオフ、対横浜国立大学戦が行われます。連勝できるよう頑張ります。応援よろしくお願い致します。

もっと見る

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ