亜大スポーツ亜大スポーツ

プロ野球ドラフト会議 高橋君、北村君が指名

▲(左)北村君、(右)高橋君 プロ入り後の目標を語った

26日に行われたプロ野球ドラフト会議で、硬式野球部の高橋遥人君(経営4)が阪神タイガースから2位指名、北村拓己君(経営4)が読売ジャイアンツから4位指名を受けました。また、卒業生で現在トヨタ自動車に所属する藤岡裕大氏(平成27年度卒)が千葉ロッテマリーンズから、三菱自動車広島に所属する大下佑馬氏(平成26年度卒)が東京ヤクルトスワローズからそれぞれ2位指名を受けました。

<以下は高橋君、北村君のインタビュー>

【高橋君】
Q.阪神から指名を受けて
A.高校3年生のドラフト会議では悔しい思いをしていたので、素直にうれしいです。 まずは一軍に上がることを目標にしつつ、大学生で指名されているので、即戦力として活躍できるように頑張ります。

Q.北村選手とともに指名を受けました
A.北村選手には紅白戦で対戦した際、投げ切れたと思ったインコースのストレートをフェンスオーバーでホームランを打たれました。プロで北村選手から三振をとりたいです。

Q.生田監督について
A.生田監督は普段は厳しいことが多いのですが、選手全員からものすごく信頼されている監督です。日本一の監督だと思います。

Q.意気込み
A.プロ野球は自分の次のステージ。見ている人に夢を与えられる選手になりたいです。

【北村君】
Q.巨人から指名を受けて
A.あまり予想していなかったのでびっくりしました

Q.目標にしている選手
A.坂本勇人選手。中学時代から目標にしていたので、坂本選手のような日本を代表する野手を目指したいです。また、亜大の先輩でもある松田選手(ソフトバンク)のような、ガッツあふれるプレーで、ファンから愛される選手になりたいです。

Q.対戦してみたい選手
A.セ・リーグには亜大の先輩でもある山﨑投手(DeNA)、薮田投手(広島)、九里投手(広島)などが活躍されているので、先輩方と戦える土俵に一日でも早く上がりたいです。

Q.プロでの目標
A.厳しい世界の中で泥臭く謙虚にやっていきたい。

▲記者からの質問に答える高橋君

▲部員が胴上げで祝福

▲巨人から指名を受けた北村君

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ