亜大スポーツ亜大スポーツ

国士舘大学記録会

陸上競技部です。

12月17日(日)に国士舘大長距離競技会に出場してきました。
今回は12月23日(土)の松戸市記録会、24日(日)の法政大記録会に向けた練習の一環での出場となりました。
出場した3名の記録は下記の通りです。

<5000m>
・14組 9着 六本木 敦輝(2年) 15’16”81
・15組 11着 深澤 空良(1年) 15’13“29
・17組 6着 小室 俊貴(2年) 14’59“94

天候 晴れ 気温7度 時折風が強く吹く条件でした。
14組を走った六本木選手は集団の後方でうまくイーブンペースで展開していましたが、3000m~4000mで中だるみしてしまい、ラスト1000mは予定通りペースアップして15’16”81でゴールとなりました。

15組に出場した深澤選手は第二集団を引っ張るなど積極的なレースでしたが、後半上体をうまく使えず、六本木選手同様中だるみしてしまいました。ラストはしっかりと切り替えて15’13”29でフィニッシュとなりました。

17組の小室選手は最初から積極的に集団の2・3番手で展開し、力を蓄えながら流れに乗って行きました。集団のペースが遅かったこともあり、ラスト1000mで飛び出し、前半の2000mよりも後半の2000mの方が速く走り14’59“94でゴールとなりました。

3名共に次のレースに繋がる走りができました。今回の反省と収穫を次のレースに活かしていきます。
12月23日、24日が2017年最後のトラックレースとなりますので、チーム全体で盛り上げていきたいと思います。

ご声援の程、宜しくお願い致します。


陸上競技部 コーチ
岡田 晃

15組を走る深澤選手(右から2番目)

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ