亜大スポーツ亜大スポーツ

山梨オープンテニス選手権大会 準優勝

男子シングルス準優勝 
熊坂拓哉(法学1/日本大学山形学校出身)

男子ダブルス準優勝  
高見澤岳飛(法学1/横浜清風高等学校出身)・呉岡拓弥(経済1/麗澤瑞浪高等学校出身)組

左)優勝の髙田航輝選手 右)準優勝の熊坂拓哉(法学1/日本大学山形学校出身)

バックハンドを打つ熊坂拓哉(法学1/日本大学山形学校出身)

男子シングルス 出場者対戦表

(上)呉岡拓弥(経済1/麗澤瑞浪高等学校出身)と高見澤岳飛(法学1/横浜清風高等学校出身)
(下)全日本Best8の実績を持つ福田勝志プロとインターハイ3冠の後藤翔太郎プロ

富士山を眺められる素晴らしいロケーションのテニスコート

12月に山梨で行われた、プロも学生もジュニアも出場賞金総額100万円の大会。
男子シングルスは64人の本戦選手が出場。
富士山を眺める素晴らしいロケーションでしたが、週の終わりには、夕方雪乃吹雪く中での試合。
本学からは、1年生の熊坂拓哉(法学1/日本大学山形学校出身)が1回戦から勝ち上がり、自身初のオープン大会決勝進出。相手は、先週の白子での大会も優勝と好調の慶應義塾大学を卒業してプレーヤーとして活動中の髙田航輝選手。
決勝、熊坂は残念ながら相手の術中にはまり、力を発揮することが出来ませんでしたが、素晴らしい体験が出来ました。

一方、男子ダブルスでは、回を重ねることに良くなった、高見澤岳飛(法学1/横浜清風高等学校出身)と呉岡拓弥(経済1/麗澤瑞浪高等学校出身)。
決勝戦の相手は、過去全日本テニス選手権大会Best8の経験を持つ福田勝志選手とインターハイ3冠の後藤翔太郎選手のペアに対し、序盤で大きなチャンスをものに出来ずに逆転負けでした。
会場は、貴重なクレーコート。標高も若干高いのでボールが飛ぶ中での試合。自身を気持ちをコントロールした選手達が決勝へ進出。
今年最後の日本国内のオープン大会となりました。
また、来年へ向けていい締めくくりが出来たと思います。

亜細亜大学 学生センタースポーツ振興課 テニス部コーチ 森 稔詞
 

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ