亜大スポーツ亜大スポーツ

2017年東都大学野球リーグ戦 國學院大學3回戦

バント作戦的中で2戦連続完封勝ち!東洋大と並び首位に立った!
中村(稔)が完封で通算9勝目!


硬式野球部です。
本日行われました。東都大学野球秋季リーグ戦第3週 國學院大學3回戦についての試合結果をお知らせいたします。
 

東都大学野球秋季リーグ戦

 第3週 3回戦

 試合結果

亜細亜大学 3 ‐ 0 國學院大學

(勝)中村(稔)   (負)山岡 
    2勝1敗       2勝2敗 

二塁打:山本(亜大・2本)
    

初回ヒットで出塁し、1塁ベース上でサインを確認する
正隨外野手と御縞学生コーチ

優勝のゆくえを左右する、前半戦の天王山!
初戦を落としながら、2試合連続完封勝ちで勝点2を挙げ東洋大と同率首位に立った!

 勝点奪取に向け絶対に負けられない、國學大戦、第3ラウンド。両校、第1戦と同じ、亜大中村(稔)・國學大山岡の両左腕の先発でプレイボールとなった。亜大先発中村は、第1戦でも先発するが、3回で2点を失い、マウンドを降りているだけに、この試合にかける意気込みは相当なもので、リベンジに燃えての登板となった。。
 
 2回亜大の攻撃、四球と野選で無死1・2塁と相手からもらったチャンスに、7番・高橋(優)の犠打で一死2・3塁とする、絶好の先制のチャンスに8番・佐久本のカウントは、3ボール2ストライクの打者にとっては、一番プレッシャーのかかる場面でのスクイズのサインに見事期待に応え、完璧なスクイズを決め、3塁走者・木村がホームを踏み1点先制。序盤から死に物狂いで1点を奪いに来る亜大打線の気迫に押されたのか、続く山本の打球をショートがタイムリーエラー、さらに追加点を挙げ、亜大らしい堅実な攻撃と相手のミスを見逃さない走塁で2点を先制し、試合の主導権を握った。4回には、9番・山本の右二塁打を皮切りに1番・正隨の犠打で一死3塁とすると、2番・小山(倭)の時にこの試合2回目のスクイズで貴重な3点目を挙げた。
 この日は徹底したバンド作戦で、國學大の野選も手伝って2回には3連続バント(スクイズ含む)、4回にもスクイズで得点し、6回までに9犠打と、作戦が見事的中し、守備の固い、國學大内野陣を翻弄した。
 2回、カウント3ボール2ストライクの場面でスクイズを決めた佐久本のコメント「バント練習は、夢の中でもバント練習している姿が出てくるくらい、毎日毎日練習しているので、どんなカウントでも決める自信はありました。」と日頃の練習の成果が出た場面であった。
 
 リベンジに燃える亜大の先発中村(稔)は、初回に連打と死球で二死満塁のピンチ招くが、先制点を取ろうと、必死にボールに喰らいついてくる、國學大の6番・工藤を並行カウントから外角に投げ込んだツーシームでレフトフライに抑え、ピンチを脱すると、2回以降は低めの直球と変化球で凡退の山を築き、9回まで3塁を踏ませぬ投球で2年春以来、2回目の完封勝利。通算9勝目を挙げた。持前の緩急をつけたピッチングが勝利を引き寄せる結果となった。
 
 國學院大學との前半戦の天王山を制し、亜細亜大学は、4勝1敗・勝点2で、東洋大学と並び同率首位に立った。

 生田監督は、「(勝点2で)この勝利で、これから上を見て思い切って戦っていけます」と話した。

先制のスクイズを決めた 佐久本捕手

本日のヒーロー

3年・県立清峰高校(長崎県)

中村 稔弥 投手

雪辱を果たす快投!
H28春季リーグ戦以来の完封勝利!

1戦目では試合をつくることが出来なかったが、本日の3戦目で先発として、しっかり試合がつくることが出来た。チームが勝って、勝ち点を取ることが出来て良かった。
【中村 稔弥】

亜大の主戦を担う中村(稔)投手

國學院打線を翻弄する中村(稔)投手


2年・神村学園高等部(鹿児島県)

山本 卓也 外野手

恐怖の9番打者!
長打2本に好走塁で相手守備陣をかき乱す

試合前のバッテイング練習ではあまり調子が良くなかったですが、試合では2本の2塁打を打つことができよかったです!
【山本 卓也】

走攻守で気迫あふれるプレーをみせた恐怖の9番打者 山本 卓也外野手

東都リーグ制覇、そして王座奪還を目指す亜細亜大学の次戦の案内!


東都大学野球秋季リーグ戦第5週

亜大が優勝戦線に残るためには絶対に落とせない中盤戦開幕試合

  10月3日) vs 立正大學 1回戦  
 
 開始予定10:30  於:神宮球場  3塁側先攻

となっております。
 
皆様の熱いご声援をよろしくお願いいたします。

日頃から、亜細亜大学硬式野球部へのご声援
ありがとうございます。
秋季東都リーグ戦制覇。そして、王座奪還へ向け
全力疾走で挑みます!
 

硬式野球部一同

2017年 秋季東都リーグ 國學院大學2回戦

先発山城、中継ぎ高橋(遥)
強力打線を完封リレー!!


硬式野球部です。本日行われました。秋季東都リーグ戦第3週 國學院大學戦についての試合結果をお知らせいたします。
 

秋季東都リーグ 第3週 2回戦

 試合結果

亜細亜大学 7 ‐ 0 國學院大學
(勝)高橋(遥)   (負)安西 

二塁打:正隨(亜大・1本)
    横井(國大・1本)
 
1勝1敗で勝敗が並びましたので、明日(22日・木)に明治神宮球場にて3回戦が行われます。

4番でチームを率いた北村主将

亜大が力の差を見せつける大勝で昨日の雪辱を果たす!

初回のマウンドに上がった亜大の先発山城は3回まで要所を抑える投球をみせた。しかし、4回に二死2・3塁のピンチを招いてしまう。ここで亜大はドラフト上位候補の注目左腕高橋(遥)を投入。初球から140㌔後半を記録する速球で國大打線をねじ伏せ、試合はそのまま膠着状態となった。

山城の後を継いだ高橋(遥)は4回のピンチをライトフライで切り抜けると9回までを被安打2、7奪三振、最速147㌔の速球とキレのある変化球でスコアボードに0を並べ、試合の流れを引き寄せる好リリーフ。

投手陣の踏ん張りに目を覚ました亜大打線は4回までに3点を奪い試合の流れを握ったまま試合は終盤8回裏へ、亜大の7番高橋(優)からヒットと四死球でチャンスを作ると連打で一挙4得点の猛攻で試合の形勢をきめた。

最終回のマウンドに上がった高橋(遥)は一死から単打を打たれるも後続を断ち切り完封リレーを決め、1回戦の雪辱を果たす投打で圧倒したゲームとなった。

國學院大學戦との対戦成績を1勝1敗とした亜細亜大学、前半戦天王山となる注目カードの結末は3回戦に持ち越された。
 

第2戦の先発マウンドに上がった 山城 大智 投手

本日のヒーロー

高橋 遥人
4年・常葉大学附属橘高等学校(静岡県)

4回途中からリリーフ登板
9回まで要所を締める好投をみせる!
今秋ドラフト上位候補、東都最強左腕!

四死球を3つ出したが要所をしっかり抑えることができチームに貢献できたので良かったです!
【高橋 遥人】

最速151㌔左腕、キレのある速球と変化球で相手打線を沈黙させた 高橋遥人投手

東都リーグ制覇、そして王座奪還を目指す亜細亜大学の次戦の案内!


秋季東都リーグ戦、前半戦の天王山、運命の第3ラウンド

 9月22日(金) vs 國學院大學 3回戦 

開始予定時刻11:00 於:明治神宮球場 3塁側先攻

となっております。
 
皆様の熱いご声援をよろしくお願いいたします。

好打で打線を引っ張る 正隨 優弥 外野手

日頃から、亜細亜大学硬式野球部へのご声援
ありがとうございます。
秋季東都リーグ戦制覇。そして、王座奪還へ向け
全力疾走で挑みます!
 

硬式野球部一同

2017年 秋季東都リーグ戦

前半戦の天王山、宿敵、國學院大學との第1ラウンドは、亜細亜大学らしくない、走塁・守りのミスが出て黒星!

2打数2安打と気を吐いた北村主将



秋季東都リーグ 第3週

 試合結果

亜細亜大学 2 ‐ 4 國學院大學
(負)中村(稔)     (勝)山岡
1勝1敗        2勝1敗

本塁打:正随(亜大、5回ソロ)
三塁打:西丸(國大、1本)
二塁打:西丸(國大、1本)小山(亜大、1本)、木村(亜大、1本)

 

ベンチのサインを確認する德田コーチと北村主将

 前半戦の天王山とあって、初戦を何が何でも取り主導権を取りたい両校の先発は予想通り、亜大は開幕で1安打完投勝利をあげた中村(稔)・國學大は経験豊富なエース山岡の両左腕の先発でプレイボールのサイレンが鳴った。亜大は、怪我から復帰した大砲、正随を1番に抜擢し、ど根性男上田を3番にあげるなど、1番から9番まで、右打者を並べた、左腕山岡投手対策のオーダーを組み、4回までに6安打を浴びせ、山岡投手をノックアウト寸前まで追い込んだが、肝心なところで、走塁ミス・毎回ランナーは出すも後1本が出ず、山岡投手を後一歩攻め切れず、立ち直らせる形となった。
 一方、亜大先発、中村投手は初回3人できっちりと抑える無難な立ち上がりであったが、2回裏、1本のヒットと2つのエラーが重なり、亜大らしくない、守備のミスで2点を先制される。4回裏から、今一つ調子の出ない中村投手から嘉陽投手に代わり、4回裏の國學大打線を3人で抑え、亜大の反撃を待った。5回表1番正随が真ん中高めの球をフルスイングし、左中間上段に飛込むソロホームランで反撃体制に入ったが、7回裏またしても、亜大らしくない、エラー絡みから長打を浴びて2点を失った。反撃に出たい亜大は、終盤8回表に1点返し、反撃態勢に入るも後続が続かず、國學大の6安打を上回る10安打を打ったが、守備のミスから得点を与えるという悔いの残る試合展開の結果2対4の惨敗であった。優勝のゆくえを左右する前半戦の天王山の初戦を落とす形となったが、亜大にとっては、明日につながる良い結果がたくさん出た試合でもある。

 リーグ戦、初登板となる1年生平内と内間が持ち前の剛球で國學大打線を封じ、場内の度肝を抜くピッチングを披露した。

 

MAX149㌔連発で度肝を抜いた 平内投手

MAX149㌔ 力で押し切った沖縄の怪童 内間投手

 悔しい敗戦となりましたが、明日以降の戦いに向けて、チームにとって明るい材料も多く出た試合でありました。打線では、怪我で戦線離脱していた、大砲正随の復帰後、特大アーチ・北村主将の復活を感じさせる2打数2安打・主砲頓宮の今シーズン初ヒット・強力投手陣を誇る、國學大3投手から10安打を浴びせた好調な打線。投手陣も調子のあがってきた、ドラフト候補エース高橋(遥)・安定感のある嘉陽・度胸のある左腕中村(稔)・開幕第2戦初勝利の山城・リーグ戦初登板で度肝を抜くピッチングを披露した、1年生平内と内間等、投打共に役者が揃い、ここからが本当の勝負になると思います。亜細亜大学伝統である、最後まで諦めず、相手に喰らいつき、粘っこい野球で、宿敵國學院大學との第2ラウンド・第3ラウンドをチームが一丸となり、勝点を取りに行きます。

正隨 優弥
(経営3年・大阪府 大坂桐蔭高校)

復帰後、1番DHで出場!
2安打1打点の活躍!!

プロ顔負けの特大アーチを打った 正隨 外野手

正随 外野手



秋季リーグ戦 前半戦の天王山第2ラウンド

 9月21日(木) vs 國學院大學 2回戦 

開始予定時刻11:00 於:明治神宮球場 1塁側

となっております。
 
皆様の熱いご声援をよろしくお願いいたします。

日頃から、亜細亜大学硬式野球部へのご声援ありがとうございました。

硬式野球部一同

2017秋季東都リーグ戦!第3週は、優勝のゆくえを左右する、前半戦の大一番!!

硬式野球部です。


開幕カードの日本大学戦で投打が噛合い2連勝で勝点1をあげ
これ以上ない幸先の良いスタート切り勢いに乗る亜細亜大学
注目される次戦の相手は宿敵、國學院大學!!

両校とも戦前のマスコミ予想では、秋季リーグ戦の優勝候補にあげられており、戦力共に充実している両校の激突は、今シーズンの優勝のゆくえを左右する、絶対に負けられない前半戦の大一番であります。
 

開幕戦で1失点完投勝利の 中村稔弥 投手

國學院大學にとっては、優勝目前で幾度となく亜細亜大学に優勝をさらわれているだけに、打倒亜細亜大学で闘志むき出しで向かってくるが、亜細亜大学にとっても王座奪還に向け絶対に勝点を落とせないカードであります。

前半戦の天王山となる試合だけに、両校の意地のぶつかり合いで激しい戦いが予想されるが、亜細亜大学伝統の最後まであきらめず、粘り強く喰らいついていく野球で、國學院大學を撃破し、優勝へ大きく前進したいと思います。

そこで、カギを握る選手は最速151キロ左腕ドラフト候補のエース高橋(遥)の復活と開幕カードの日本大学戦で不振であった、キャプテン北村の復活が勝敗に大きく左右されるだけに、彼らの復活が、宿敵國學院大學を撃破するための大きなカギとなります。

投打の中心選手である、高橋(遥)・北村の活躍と4年生全員が一丸となって、開幕4連勝を目指します!!
 

開幕、第2戦 リーグ戦初先発で勝利投手となった 山城大智投手

今年は、硬式野球部創部60周年を迎え、伝統の重みを常に意識し、節目の年に花が添えられるよう「全力疾走」で、最後まで諦めることなく王座奪還を掲げ「東都大学野球秋季リーグ戦優勝・明治神宮野球大会の日本一」を目指します!

第3週は國學院大學!!

秋季東都リーグ 第3週 於 明治神宮球場

9月20日(水)  
 
第1試合 13:00 試合開始予定
 
亜細亜大学(三塁側) vs 國學院大学(一塁側)

9月21日(木)  
 
第1試合 11:00 試合開始予定
 
國學院大学(三塁側) vs 亜細亜大学(一塁側)
 
※三塁側の大学が先攻です。
※天候や東京六大学野球連盟の試合結果などにより日程が変更となる場合がありますので、日程や試合情報については東都大学野球連盟ホームページをご確認ください。
東都大学野球連盟のホームページはこちらから
 

明治神宮球場へのアクセス

明治神宮球場最寄り駅一覧

最寄駅 ※駅名をクリックで各ホームページへ移動
  ○ JR中央線  千駄ヶ谷駅   徒歩15分
      ○ JR中央線  信濃町駅    徒歩15分
  ○ 銀座線    外苑前駅    徒歩5分
  ○ 大江戸線   国立競技場駅  A2出口より徒歩10分
 

入場料金
 一般  1300円 
 シニア 1000円
 学生   600円(学生証提示)
※連盟加盟校以外の学生も学生料金で入場できます。

応援指導部の熱い応援

 是非とも神宮球場に足をお運びいただき、熱いご声援よろしくお願いいたします!

東都リーグ制覇へ!昨秋覇者を下し勝ち点1!!

秋季東都リーグ 日本大学戦の試合結果

リーグ戦初先発で好投した 山城 大智 選手



秋季東都リーグ 第2週

 試合結果

亜細亜大学 2 ‐ 1 日本大学

 

2安打と攻守にわたり活躍した 佐久本 一輝選手

亜大は昨秋王者、日本大学から勝ち点を奪い、王座奪還に向け好スタートを切った。

亜大初先発の山城、日大埴谷投手の先発で、スタートした日本大学との第2戦、両投手とも完璧な立ち上がりで、投手戦が予想された中、亜大は2回、頓宮の四球を足掛かりに、盗塁、犠打を絡めて、1死3塁の絶好のチャンスにオープン戦最終戦に顔面に死球を受け、頬骨と鼻骨を骨折してまだ、完治していないにも関わらず自ら出場を志願したDH上田のど根性の2ベースヒットで先制点をあげると4回にはルーキー虎谷のタイムリー2ベースヒットで2点目をもぎ取り、亜大優勢で試合が続く中、先発山城は6回を1失点と先発投手としての役割を見事果たし、7回から4年生嘉陽に残りのイニングを託し、マウンド下りたが、リリーフした嘉陽は3回を一人のランナーも許さない完璧なリリーフで日本大学を見事封じ、開幕2連勝で、王座奪還に向け好スタートを切った。

亜大のルーキー虎谷は先制につながる犠打。そして、4回には決勝点となるタイムリー2塁打を打つなど、1年生とは思えない堂々としたプレーで大活躍を見せた。また、2年生ながら開幕戦に続きスタメンマスクを被った佐久本は開幕2試合で18イニング2失点、守備では3投手を的確にリードし攻撃でもしぶといバッティングで2試合連続で良い場面で安打を打つ等、大活躍であった。

今秋ドラフト候補の嘉陽は140㌔以上の速球と変化球を織り交ぜ3イニングをノーヒット追い上げムードの日大打線をシャットアウトの好投だった。

本日のヒーロー

嘉陽 宗一郎 投手
(経営4年・愛媛県 松山聖稜高校)

3イニングノーヒット!
日大打線の反撃を防ぐ好リリーフ!!

嘉陽投手

四球が少なく最少失点で試合を抑えたことが収穫、この成績を継続させていき、チームに貢献していきたい。
(嘉陽 宗一郎)

嘉陽 投手

嘉陽 投手


虎谷 貴哉 内野手
(経済1年・石川県 星稜高校)

試合を決める一打を放つ!
2安打1打点の大活躍!!

第1カードでしっかり勝ち点を取れたことはとてもよかった!
チームとしても個人としても全力で戦っていきたい!
(虎谷 貴哉)

虎谷内野手

虎谷内野手



東都リーグ制覇、そして王座奪還を目指す亜細亜大学の次戦は

 9月19日(火) vs 國學院大學 1回戦 

開始予定時刻13:30 於:明治神宮球場

となっております。
 
皆様の熱いご声援をよろしくお願いいたします。

頓宮内野手

本日は亜細亜大学を応援して頂きありがとうございました。

硬式野球部一同

昨年覇者、日本大学に先勝!!

秋季東都リーグ 日本大学戦の試合結果

近森 雄太選手

秋季東都リーグ 第2週

 試合結果

亜細亜大学 4 ‐ 1 日本大学

 

比嘉 龍寿 選手

亜細亜大学の初戦の相手は昨年の覇者日本大学。
亜大は初回に日大の主戦投手、山本(龍)の立ち上がりを攻め四球と安打で4点を奪う。
亜大の先発、中村(稔)は初回裏を難なく抑え試合はそのまま膠着状態に入った。5回を終え、日大打線をノーヒットに封じ込めた中村(稔)は8回に1点を返されたが、その後の二死3塁のピンチをセンター伊藤(優)の好プレーで切り抜ける。9回も抑えた中村(稔)は完投勝利の大活躍だった。
 

本日のヒーロー

中村 稔弥 投手
(経営3年・長崎県立清峰高校)

9回1失点完投勝利!
王座奪還へ向けた重要な一戦で勝利を手繰り寄せる熱投

中村(稔)投手

秋季の一戦目から勝ててよかった!
今日の反省点をしっかり修正して、秋季リーグ戦を一戦一戦勝っていきたい!

中村(稔)投手

中村(稔)投手


東都リーグ制覇、そして王座奪還を目指す亜細亜大学の次戦は
9月14日(木)vs日本大学2回戦 
13:00開始予定時刻 於:明治神宮球場
となっております。
皆様の熱いご声援をよろしくお願いいたします。

本日は亜細亜大学を応援して頂きありがとうございました。

硬式野球部一同

第28回 BFA アジア選手権(侍ジャパン社会人日本代表)に、 2名のOBが出場!

硬式野球部です。
今年、10月2日(月)~8日(日)に台湾で8つの国と地域が参加して開催される「第28回BFAアジア選手権」で2大会ぶりの王座奪還を目指す「侍ジャパン社会人代表」24名が発表され、本学OBから、北村祥治内野手・藤岡裕大内野手共にトヨタ自動車所属(平成27年卒)の2名が選出されました。
アマチュア球界最高峰の選手が集結する侍ジャパン社会人代表だけに、本学硬式野球部にとっても大変名誉なことであり、後輩の部員にも良い刺激となります。是非とも、北村選手・藤岡選手の国際大会でのご活躍を祈念いたします。選手一覧は、こちらからご覧下さい。

北村祥治内野手

藤岡裕大内野手

フレッシュトーナメント 試合結果

硬式野球部です。
本日(30日)に行われました。フレッシュトーナメントの試合結果をお知らせいたします。

亜細亜大学 1 対 5 駒澤大学

試合の流れ


亜大は初回、1番栗原選手の四球からチャンスを作り伊藤(寛)選手のヒットで先制します。しかし、1回裏に四球とエラーで一転のピンチに陥り、先発の栗田投手は無死満塁から4番、5番を打ち取り6番の当たりはサードへのゴロでピンチを脱出したかに思えましたが、送球エラーによって2点を失ってしまいます。その後もヒットと守備の乱れで2点を失い、1回終わって4対1と亜大は追う立場に、その後の攻撃では一死三塁や二死二塁三塁などのチャンスを作りますが駒大投手陣の要所を抑えるピッチングであと一本が出ず、中継ぎ登板の高山投手、平内投手の好リリーフもありましたが、敗戦となりました。

平内 龍太 投手

リリーフで登板 自己最速を2km/h更新する149㎞/hを計測!!

平内 龍太投手

平内 龍太投手

今日の振り返り


ストレートを中心に攻めるピッチングができたのでよかったです。しかしまだベルト付近の高さに行くボールが多くあるので低めへと投げ込めるようにしていきます。

秋季リーグ戦へ向けて
どのような状況でも強気で攻めるピッチングをしていき、チームの勝利に貢献できるように全力を尽くします。

本日はご声援ありがとうございました。

2017秋季東都リーグ開幕!!初戦は日本大学戦

硬式野球部です。
今秋の東都リーグがいよいよ開幕いたしました!
本学の初戦は9月12日(火)に行われる日本大学戦です。

今秋のリーグ戦では創部60周年に花を添えると共に、王座奪還を掲げリーグ戦優勝そして明治神宮野球大会の優勝を目指します!

亜細亜大学の初戦は第2週!!

秋季東都リーグ 第2週 於 明治神宮球場

9月12日(火)  
 
第1試合 10:30 試合開始予定
 
亜細亜大学(三塁側) vs 日本大学(一塁側)
 
※三塁側の大学が先攻です。
※天候や東京六大学野球連盟の試合結果などにより日程が変更する可能性があります。ご了承ください。
※日程や試合情報の詳細は東都大学野球連盟ホームページを参考にしてください。
東都大学野球連盟のホームページはこちらから
※プロ野球併用日のため延長は行いません。

明治神宮球場へのアクセス

明治神宮球場最寄り駅一覧

最寄駅 ※駅名をクリックで各ホームページへ移動
  ○ JR中央線  千駄ヶ谷駅   徒歩15分
      ○ JR中央線  信濃町駅    徒歩15分
  ○ 銀座線    外苑前駅    徒歩5分
  ○ 大江戸線   国立競技場駅  A2出口より徒歩10分
 

入場料金
 一般  1300円 
 シニア 1000円
 学生   600円(学生証提示)
※連盟加盟校以外の学生も学生料金で入場できます。

熱いご声援お待ちしています!

2017年度 秋季東都リーグ戦 試合日程

硬式野球部です。
秋季リーグ戦の試合日程をお知らせいたします。

皆様の熱い声援をお待ちしております。

もっと見る

コメント
名前
電子メール
コメント

コメント

コメントを受け付けました。
管理者による承認後に掲載されます。

「亜大スポーツ」は、亜細亜大学のスポーツ情報をお届けするウェブサイトです。

掲載の記事・写真・図表、音声データなどの無断転載を禁止します。著作権は亜細亜大学またはその情報提供者に帰属します。

(C)Asia University.

アーカイブ