戻る経済学部

27歳で税理士事務所を設立。
若手起業家を積極的に支援したい

辰口 弘晃さん

辰口弘晃税理士事務所 代表
辰口 弘晃さん
経済学部 経済学科 平成21年3月卒業 大学院 経済学研究科 平成24年3月修了

大学院修了後、25歳で税理士資格を取得。税理士法人での修業を経て、27歳で独立。現在は、西新宿の高層タワーに事務所を構え、多忙な日々を送る。大学院時代の仲間とは、現在も定期的に情報交換を続けている。

現在のお仕事について教えてください。

税理士として、企業や個人事業主のお客様の経理業務をお手伝いしています。現在、約50のクライアント(顧客)と取引があり、定期的に税務の相談対応やサポートを行っています。最近は、税務もIT化が進んでおり、システムに関する専門的な知識も求められます。まずは、日々の業務でしっかり経験を積みながら、今後は若手起業家を支援する仕事にも力を入れていきたいと思っています。

学生時代から税理士をめざしていましたか?

税理士という仕事を知ったのは、経済学部の2年生のときでした。ゼミナールの担当だった臼井邦彦先生に、起業の夢を相談したところ、税理士への道を紹介され、すぐに簿記の勉強をスタートしました。その後、大学院まで進み、税理士試験5科目にすべて合格。25歳で税理士資格を得ることができました。

これから大学を選ぶ高校生にメッセージをお願いします。

大学時代は、とにかく勉強に明け暮れました。ひとつのことに本気で取り組み、成果を出せた経験は、今も自分の支えになっています。亜細亜大学は頑張る学生を全力で支援してくれる学風があります。皆さんもぜひここで夢中になれるものを見つけてください。

〈2018年7月11日更新〉