お問い合わせ

キャリアセンター

戻るグループディスカッション体験会を開催しました

学生サポーターが主催するキャリアイベントが7月14日の放課後に学内で開催されました。会場には2年生から3年生の13人が集まり、企業・団体の採用選考試験で行われるグループディスカッションを体験しました。

学生サポーターによるグループディスカッションのデモンストレーションのあと早速実践へ。参加者は同じテーマのもと、3つのグループに分かれてディスカッションに挑戦しました。

真剣な眼差しで参加者の討議を観察する学生サポーターと、交わされる主張や疑義とで、会場の雰囲気は試験会場さながらでした。参加者はグループにおける自らの役割を認識しながら、限られた時間のなかで他者の意見に耳を傾け、意見を述べ、グループとしての主張をまとめる難しさを実感。学生サポーターの講評を記録しながら、心構えを学び、改善点、評価点を振り返りました。

学生サポーターは「今日学んだことが常に“正解”ではありません。企業や団体が求める人材像を理解することが大事です。他方で採用選考試験には経験値も必要です。今後もキャリアイベントに積極的に参加するなどして、最大限に自分の強みをアピールする準備をしてください!」と後輩たちを鼓舞しました。

《参加者の声》
  • グループディスカッションとは?から知ることができてとても満足した
  • 発表するのは大の苦手だと思っていたが、周りから評価されたことは励みになった。自分から話題を振れるようになることが課題だと認識できた
  • 他社の意見から新しい視点を引き出すことが難しかった。 多角的な視点を持つことを意識したい
  • 先輩方のアドバイスを持ち帰って、インターンシップに活かしたいと思った
  • 就活を意識し始める時期にグループディスカッションの体験ができて、とても勉強になった。また、このようなことが就活で必要になるんだと気を引き締めることができた

(※抜粋)


学生サポーターとは?

「学生による学生のためのサポーター」として、学生生活や授業、学生間交流などの支援や企画立案を通し、学年・学部に関わらず学生同士の支え合いを実現するボランティアサポーター制度です。

<2022年07月15日 11時01分>