亜細亜大学
経営学部データサイエンス学科2023年4月開設予定[設置構想中]

亜細亜大学はこれまで、建学精神「自助協力」に基づき、
新たな時代のリーダーとなる創造力と実行力を備えた人材育成に力を注いできました。

2023年4月、亜細亜大学経営学部に誕生するデータサイエンス学科は、
社会のデジタル化が急速に進む今と将来を見据え、
経営学とデータサイエンスの2つの学問を究めた人材を育成します。

世界中から集まる膨大なデータから新たな価値を創造し、
人や企業が抱える社会・ビジネスの課題を解決に導く力を養います。

そもそもデータって
何ですか?

データとは、注目している対象のある属性や状態を表したものです。たとえば、パソコンなら、機種名、メーカー名、価格、重量、大きさ、CPU、メモリ容量などに対応する具体的な値がデータです。データがあれば、価格と性能がどんな関係にあるかを定量的に掴むことができます。

データサイエンスを
わかりやすく説明してください

データサイエンスは、データ活用のための方法論を探求します。例えば、目的やデータの性質によりどのような方法が課題解決に適切か、目的に応じてさまざまな方法を使いこなすための知識を学びます。統計学の方法や人工知能がデータサイエンスの代表的な方法です。

データサイエンス学科の特徴

POINT01

データサイエンス・AIを入門から応用発展まで学修

  • サイエンティスト指向科目群で分析力を磨く
  • クリエイター指向科目群で創造力を磨く
  • MDASH認定に対応した授業
  • 各種検定試験に対応した授業
MDASH Literacy

※亜細亜大学データサイエンス副専攻は文部科学省「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(MDASHリテラシーレベル)」に認定されています(認定期限は令和8年3月31日)。

POINT02

充実した学修環境

  • 少人数・プロジェクト型演習
  • 英語でデータサイエンスを学べる
  • 企業と連携した実践的な授業
  • 留学生との学び合いでコミュニケーション力UP
充実した学修環境
POINT03

亜細亜大学の強みを活かしたカリキュラム

  • ビジネス指向科目群で経営力を磨く
  • ITパスポートからDXまで学べる
  • 文系向けの数学・統計学の入門・基礎科目が充実
  • 多彩な全学共通科目で幅広い教養を身につける
亜細亜大学の強みを活かしたカリキュラム

専門科目の体系

専門共通科目群

分析力を磨く

サイエンティスト指向科目群

  • データ数理Ⅰ・Ⅱ
  • アルゴリズム入門
  • 機械学習とディープラーニング
  • 自然言語処理
  • IoT入門
分析力を磨く

「機械学習とディープラーニング」の授業で本学5号館の画像から物体認識

創造力を磨く

クリエイター指向科目群

  • メディアプログラミング Ⅰ・Ⅱ
  • ウェブアプリケーション
  • モバイルアプリケーション
  • バーチャルリアリティ
  • 音楽情報処理
創造力を磨く

「メディアプログラミング」の授業で学生と教員が作成したバーチャルキャンパス

経営力を磨く

ビジネス指向科目群

  • 会計学
  • 流通・マーケティング
  • 経営財務論
  • 経営戦略論
  • 社会調査法
  • マネジリアル・マーケティング論
  • 流通論
  • 財務会計論
  • ベンチャービジネス論
  • 人的資源管理論
  • マーケティング・コミュニケーション論
  • DX論
  • ビジネスモデル分析
  • 経営システム論
  • デジタル・マーケティング論  他多数
経営力を磨く

亜細亜大学での4年間

亜細亜大学での4年間
育成する人材像
1

文理融合的な視点でデータを分析できるだけではなく、企業や社会における課題を分析し、データサイエンス・AIの手法を用いて課題解決に結びつけられる人材を育成する。

2

中学・高校の復習を兼ねた数学・統計の基礎学習の後、少人数グループによるプロジェクト型演習を通して課題分析力・課題解決力の養成を重視した教育を行う。また、アジアの学生と英語でデータサイエンス・AIを学べる環境の充実に努め、AIやテクノロジーが急速に進展するグローバル社会を牽引する人材を育成する。

×
求める人材像

以下の①~④を備えている人は文系コース、理系コースを問わず、大歓迎です。

1

基礎的な数学力と論理的な思考力がある人

2

課題の発見や解決に意欲的に取り組める人

3

多様な人びととのコミュニケーションや協働を積極的に進められる人

4

高度情報技術社会が進展する中で、高い倫理観と強い興味を有して挑戦できる人

概要
名称 亜細亜大学経営学部データサイエンス学科
教育上の目的 経営学とデータサイエンス・AIを身につけ、社会課題の発見・解決に貢献できる人材を育成する。
入学定員 80名(収容定員:320名)
入学金・学費 【参考】経営学部2021年度入学生の初年度学校納付金:1,281,000円(入学金:230,000円を含む)

卒業後の進路

多くの業界・企業で適切なデータから価値を創造し、課題解決に貢献できる人材が必要とされています。とりわけ、データサイエンスの知識・技能・マインドを備え、分析力・創造力・経営力の3つの素養をもつ人材はデジタル化やDX化のキーパーソンとして期待されています。

たとえば box

流通・小売/EC/IT/ファッション/エンタメ/メディア/運輸・物流/自動車・交通/製造/不動産/建設/外食・食品・農業/金融・保険/医療・介護/人材・教育/生活サービス/警備/公共 等

〈野口竜司(2020)『文系AI人材になる』東洋経済新報社に紹介されているAI事例の業種を元に作成〉

目指せる資格
  • ディープラーニングG検定
  • Python3エンジニア認定基礎試験
  • 統計検定2、3、4級

※修了要件ではない

box box box