戻る銀青会公開講座

<宇宙生物学実験について講義する大森教授>

銀青会公開講座が、3月27日に開催されました。

 

当日は、講師に本学経済学部の大森克徳教授を迎え、「宇宙開発と生物学-『きぼう』での宇宙生物学実験とはー」をテーマに行われました。

 

講演は2008年に国際宇宙ステーション(ISS)に接続された「きぼう」で行われた、宇宙放射線の生物への影響に関する宇宙実験について、どのようなことが行われ、どのような成果が得られたのか、また、宇宙実験がいかに大変なプロジェクトであるかを、自身が実際に携わった宇宙実験での経験を交えて、わかりやすく解説しました。


会場には市民約40人が来場し、メモを取りながら熱心に講演に聞き入っていました。

<2014年04月29日 21時29分>