戻る平成26年度 セミナー「アジア・ウォッチャー」

深沢 淳一 氏

学外から講師を迎え、アジア・ウオッチャーが4月26日に開催されました。


当日は「迷走するタイの『民族主義』―ASEANへの影響―」をテーマに、読売新聞前アジア総局長、経済部次長の深沢淳一氏が登壇。インラック政権の経済政策を始め、現在の政治・経済・社会の構図などを分かりやすく解説しました。


会場には多くの市民が来場し、熱心に講義を受講していました。

(撮影=渡辺大輝学生記者)

<2014年05月03日 00時00分>