戻る連続討論会「街づくり未来塾」(前期)第4回

1位に選ばれたチームの発表

1位に選ばれたチームの発表

市民と学生が地域課題を共有し、その解決を目指す「街づくり未来塾」を開講しました。
 
この講義は、街づくりや地域活性化活動の実態や重要性を知るだけではなく、受講者が地域社会におけるさまざまな活動に参加することができる点が魅力の一つ。前期は「武蔵野地域を知る~武蔵境学を深める」をテーマに考えを深めます。
 
6月30日(月)行われた第4回(最終回)では、「武蔵野の歴史をめぐる”まち歩き”」をテーマに、11の学生チームが発表を行いました。審査は一般市民の聴講者により行われ、武蔵野市に起きた戦火とこれからの未来づくりについて発表を行ったチームが1位に選ばれました。


また、第3回の講師・川村 善二郎 氏(武蔵野の空襲と戦争遺跡を記録する会代表)からも「武蔵野の”今”について観光案内するだけではなく、”歴史”という観点からも掘り下げると、より理解が深まる」と全体講評をいただきました。

<2014年06月09日 00時00分>