戻る情報公開ガイドライン

学校法人亜細亜学園 情報公開ガイドライン

1. 目的

このガイドラインは、学校法人亜細亜学園(以下、「本法人」という。)が、教育機関として社会に対する説明責任を果たすとともに、教育研究の質の向上を図るため、本法人に関する情報を公開することにおける必要な事項について定める。

2. 公開する情報範囲

本法人は、別表1に定める各情報を積極的に公開する。 これにかかわらず、本法人は別表1に定める情報以外の本法人の諸活動に関して保有する情報について、必要に応じ公開に努める。

3. 非公開情報及び部分公開

前規定に基づく公開すべき情報であっても、「学校法人亜細亜学園個人情報の保護に関する規程」に違反するとき、及び当該情報に次の各号に掲げる情報のいずれかが含まれるときは、非公開とすることがある。なお、その決定は総務部長が行う。

(1)本法人以外の法人その他の団体に関する情報又は事業を営む個人の事業に関する情報
(2)公開することにより、本法人以外の他の機関(国の機関、独立行政法人、地方公共団体等の公の機関を含む)又は団体との信頼関係が損なわれるおそれがある情報
(3)本法人における教育研究活動及び事務の適正な遂行に支障を及ぼすおそれのある情報

※前第1号から第3号に掲げるいずれかの情報が記録されている部分を容易に区分して除くことができるときは、当該部分を除いて公開することがある。  

4. 公開方法

本ガイドラインに基づく情報の公開は、亜細亜大学ホームページに掲載する等、インターネット(情報通信技術)を利用する方法により行うものとする。

ホームページによる公開方法がふさわしくないときは、総務課長の判断で刊行物への掲載及び事務室に備えて一般の閲覧に供する(電子メールでの提供を含む)等の方法をもって、情報の公開とする。

5. 適正管理

公開する情報は、その利用目的の達成に必要な範囲内において、正確かつ最新の状態に保つよう努める。

6. 協議

このガイドラインに定めるものの他、情報公開の実施及び運用にあたっては、必要に応じて総務課長が関連部署と協議を行うものとする。

ガイドライン施行日:平成25年4月1日

〈2018年12月3日更新〉