戻るAUAPのあゆみ

AUAPの誕生!

1987年、当時の学長であった衞藤瀋吉先生から、「海外分校設置の可能性」が提案されたことから、AUAP導入の検討が始まりました。全国に前例のない全く新しいプログラムであり、導入までの道のりは決して平坦ではなく、試行錯誤の繰り返しでした。

 

1988年のパイロットプログラムでようやく産声をあげたAUAPは、1998年までの10年間に6,119人の学生が参加し、伝統的な「交換・派遣留学制度」の約60倍のスピードで異文化体験者を社会に輩出してきました。その後さらに17年、プログラムは着実に成長し、現在までに1万3千人以上が参加しています。実に、卒業生の約8人に1人がAUAPを経験しているという驚異的な数字を記録しているのです。

 

現在に至っても、AUAPに匹敵するプログラムは世界中どこにも見当たりません。

AUAP略歴年表

1987 衞藤学長、海外分校設置の可能性を諮問/プログラムに関する記者発表
1988 パイロットプログラム実施(WWU)/受入れ4大学が決定(CWU、EWU、WWU、オレゴン州立大学)/プログラム名をAUAPに決定
1989 第1回AUAP実施/フレッシュマン・イングリッシュ開講/単位認定制度となる
1990 派遣先大学にボイジー州立大学が加わり5大学となる/派遣生が1,000人突破
1992 派遣生2,000人突破
1993 派遣生3,000人突破
1994 オレゴン州立大学への派遣とりやめ
1995 派遣生4,000人突破
1996 学部別の専門関連科目を開設/派遣生5,000人突破
1997 AUAP10周年記念報告会を開催
1998 ボイジー州立大学への派遣とりやめ
派遣生6,000人突破/WWUで正規AUAP10周年記念式典を開催
1999 高校教員AUAP視察研修実施
2006 初めてAUAP学外参加者を派遣
2008 参加者10,000人突破
2009 アリゾナ州立大学への派遣開始
2013 サンディエゴ州立大学への派遣開始
AUAP 25周年
2017 ユタ大学、ニューヨーク州立大学オールバニ校への派遣開始

AUAP学部別・年度別参加学生数

年度 経営 経済 国際関係 合計 累計
S63 7 12 2 39 60 60
H1 133 134 145 147 559 619
H2 202 143 191 148 684 1303
H3 161 127 156 223 667 1970
H4 221 136 185 155 697 2667
H5 191 154 161 188 694 3361
H6 157 106 116 222 601 3962
H7 142 97 90 228 557 4519
H8 147 81 101 205 534 5053
H9 149 82 103 244 578 5631
H10 100 86 77 219 482 6113
H11 121 87 74 215 497 6610
H12 125 89 102 215 531 7141
H13 134 71 65 267 537 7678
H14 93 60 79 224 456 8134
H15 100 48 68 197 413 8547
H16 58 44 29 404 535 9082
H17 40 22 29 195 286 9368
H18 23 18 21 234 296 9664
H19 33 25 25 276 359 10,023
H20 29 32 43 279 383 10,406
H21 33 37 32 278 380 10,786
H22 30 20 23 261 334 11,120
H23 47 24 26 136 233 11,353
H24 24 28 22 107 181 11,534
H25 62 40 40 269 411 11,945
H26 77 49 29 297 452 12,397
H27 86 32 45 274 437 12,834
H28 71 32 37 261 401 13,235

S63年はパイロットプログラムとして実施。

〈2017年4月1日更新〉