お問い合わせ

インターナショナルセンター

戻る体験者の声 田邊 里佳

田邊 里佳(TANABE Rika)

大学:ユタ大学

 

 

 

When I was in the United States, I set one goal. I think it’s going to be the biggest goal remaining in my college life: “To transfer to another college abroad”. That’s my goal. I know it’s not easy to achieve. There are a lot of challenges which I must overcome, but I got a lot of confidence during AUAP.

I was the leader of the 1st University of Utah program students from Asia University. I didn’t expect to be selected as a leader, but Rebecca, who was our homestay manager, selected me when we met her at the Salt Lake City airport. Of course, I was so surprised and flustered, but my friend Yuki said, “She’s going to be a good leader.” with a big smile.

Then I forced myself to be a leader, and I set two goals to be a good leader: the first was to be a good example for next students, and the second was if someone seems like they are having a hard time speaking English, I’ll give them the chance to be friends with those who are not Japanese speakers. In the first session, those things were hard to try, because I couldn’t adapt myself to the local environment perfectly at that time, and so I couldn’t make a lot of friends who were not Japanese speakers to introduce to other Asia University students. I was so disappointed. I asked myself many times why I couldn’t. I thought I was trying my best to adapt myself to the environment. Sadly, it wasn’t enough. I needed to spend much energy for that than I thought, but I didn’t know how I could do more.

When I had been troubled by this problem, I met some men. All of them were Taiwanese, and they had their quit jobs to study English. One of changed my life a lot. He is an engineer, and 26 years old. When we met for the first time, we felt we have similar personalities. We like joking, we are not shy, we’re comfortable to speak English, and we have strong motivations to speak English, so we became friends immediately. We always hung out after school and talked about our dreams. I loved that time. He always said “I want to get a job in the U.S, because I feel America has a lot of possibilities which I can use to develop that I can’t get in Taiwan. That’s why I quit my job to come here to study English. I’m older than you. I have more risk and less time to spend time than you. It means you can still do everything. You can try everything you want. You still have enough time. Get knowledge from college to be good global person, and don’t focus on just passing exams.” I still remember those words clearly and they keep my motivation high. After I’d met him, I forced myself again to start studying more harder than the first session. Therefore, I got the student of the month award. Students who are most active and do their best can get this one. I made it!

Of course, my English skills improved a lot, but English is just a tool. The more important thing is context. What I say in English. Now I can see Japan from a totally different view, and I really like studying and getting knowledge, because I know what the most important thing to do is while I am still a college student. It’s not a part time job. It’s not a student club. It’s getting knowledge and using it! I got a lot of friends who have similar goals like mine. Most of my friends who are Taiwanese are still in the U.S. The time when I hung out with them was so wonderful. I really miss them. Especially the one who told me those great words. He gave me the chance to consider my future deeply it and changed me a lot.

Before I went to the U.S., I couldn’t imagine my future clearly, but now I can. I want to work to prevent the extinction of animals and for developing countries in the future. I want to consider how nature and humans can coexist together. That is the most interesting thing to me. In AUAP, we couldn’t take regular classes, but in AUEP we can, so I want to go abroad again as an AUEP student. This is my first step to being closer to my big dream. I’ve already started progressing towards that. AUAP shook my life up. I was so glad to go there.

<和訳>
留学中、私は一つの目標を設定しました。今も私の在学中における大きな目標でもありますが、「海外の大学へ編入すること」それが私のゴールです。達成することはもちろん容易ではありません。成し遂げなければならない多くのチャレンジはありますが、AUAP中私は多くの自信を身につけることができました。

私は初めてのAUAPユタ大学派遣グループでリーダーになりました。リーダーに選ばれるとは思ってもいませんでしたが、ホームステイマネージャーのレベッカさんはソルトレイクシティ空港で会ったときに私をリーダーに選びました。選ばれたことに驚き困惑していると、一緒に留学した友人が笑顔で「彼女なら良いリーダーになるよ!」と言ってくれました。

リーダーになるということで、私は良いリーダーになるために二つの目標を設定しました。一つは、次に留学する学生達のために良い模範となること、そしてもう一つは、もし英語を話すことに積極的になれていないような人がいれば、日本語を話さない友人と友達になるチャンスを与えること。最初のセッションでは、自分自身を現地の環境に合わせることだけでも難しく、当然他の亜大生に自分の新しい友人を紹介できるほど、友達を作ることも困難でした。そのことがとても残念で、なぜできないのか何度も自問し続けました。自分自身が環境に馴染めるようにも努力しましたがなかなか思うようにいかず、何をどうしたらよいのか分からなくなりました。

そんな時に出会ったのが、台湾から仕事を辞めて英語を学びに来ていた留学生でした。初めて会ったとき、お互いジョークが好きで、人見知りもしない、会話もしやすくて、英語を話すことに対するモチベーションも高く、性格も似ていたのですぐ友達になりました。授業が終わった後はよく一緒に出かけてお互いの夢の話をしていました。その時間は私にとってとても有意義なものでした。彼はよく「僕はアメリカで職を見つけたいんだ。アメリカには台湾では手に入れることができないような成長をつかむチャンスが沢山あると思っている。だから仕事を辞めてここに英語を勉強しに来た。僕は君よりも年上だ。そして僕は君よりリスクも大きいし、時間もない。ということは、君はまだなんでもできる。君がしたいこと全部、挑戦できるんだ。試験にパスすることだけに焦点を当てず、素敵な国際人になるために、大学でしっかり学びなさい」私は未だにこの言葉をクリアに覚えていて、気持ちを強く支えてもらっています。彼に会った後、私は最初のセッションよりもっと一生懸命勉強に取り組みました。結果、私はもっとも積極的に頑張った学生だけに贈られる月間賞を受賞することができました。

私の英語はもちろんとても上達しましたが、でも英語は「ツール」でしかありません。もっと大切なことはそこに至るまでの過程です。今私は全く違う視点から日本を見ることができ、学ぶこと、知識を得るということがとても好きになりました。学生の時だからこそできる大切なこと、それはアルバイト等で時間を費やすことではなく、知識を身につけそれを積極的に使うことなんだと感じました。私と同じような目標を持つ友人も沢山できました。台湾の友人のほとんどは、まだアメリカで勉強を続けています。彼らと過ごせた時間は私にとってかけがえのないものでした。なかでも私が将来について深く考え、自分自身を大きく変えるようなきっかけの言葉をくれた彼との出会いは特別です。

アメリカに留学する前は、自分の将来について不明瞭でした。でも今は違います。私の夢は「動物の絶滅を防ぎ、発展途上国のために働く」こと。自然と人間がどのように共存していけるのかを、これから学んでいきたいと思っています。これが私の中で今一番興味を持っていることです。AUAPでは現地の正規授業を受講することはできませんでしたが、AUEPでは可能になります。だから私はAUEP生としてもう一度海を渡り勉強したいと思っています。大きな夢への第一歩。次の新しい冒険は始まっています。前へ前へ進むきっかけをくれたAUAPに、感謝しています。

留学後の成果~My Before After~

体験者の声 柴崎 彩夏

〈2019年7月18日更新〉