留学・国際交流

お問い合わせ

インターナショナルセンター

戻る学部への留学

少人数のゼミナール教育を実践しながら、「経営」「マーケティング」「会計」の3つの領域で必須となる知識やスキルを備えた精鋭を養成する経営学科と、「ホテル」「ブライダル」「フードサービス」「パッセンジャーサービス」「トラベル」「スポーツホスピタリティ」の6つの分野で、高度な実務スキルとホスピタリティマインドを備えた人材を養成するホスピタリティ・マネジメント学科の2学科で、真のエキスパートを輩出しています。

私たちが毎日行う消費行動から、社会全般の経済活動まで、経済学の研究範囲は多岐にわたります。理論や応用・政策、アジア経済の歴史を学びながら、応用力のある思考を育てる「現代経済コース」と、税務や会計の知識を深めることで高い素養を身につける「会計ファイナンスコース」の2コースを通して、経済学という「生きた学問」に触れていきます。

裁判官や検察官、弁護士など法の専門家をめざす【法律専門職コース】だけでなく、法的素養のある公務員になるための学びを深める【公務員コース】、会社法や労働法などビジネスに直結する法律科目を中心に学ぶ【企業コース】、多種多様な社会問題に対して法的な視点から解決策を見いだし、行動できる能力を養う【現代法文化コース】の4コースを通して、リーガルマインドを養います。

ビジネスを通した経済発展支援だけでなく、多国籍かつ多文化が入り混じることで生じる紛争解決や平和構築などの課題にアプローチできる広い視野と深い洞察力を備えた人材を育てる「国際関係学科」。そして、言語を軸としながら観光や文化、宗教、歴史などの国際教養を深め、多文化共生社会への適応能力を備えた人材を育てる「多文化コミュニケーション学科」の2つの学科で、真の国際人を育成します。

市場の動向や世論を捉える「社会調査能力」と、データから有用な解釈を導き出す「分析能力」。都市創造学部では、この2つの能力を【都市創造重点基盤】として学びます。加えて、経営学的視点や、人・文化・社会・政治経済など都市における諸現象を理解する力、国際都市における課題発見・解決能力といった、未来の都市創造において欠かせない力を養います。

〈2019年6月7日更新〉