戻るカリキュラム構成

日本語 初級

  1. 日常生活の各場面に対応できる会話能力・聴解能力
  2. 基礎的な文章に対応できる読解能力
  3. 文型を使用した短文作成、テーマに即した長文を作成する作文能力
  4. 実用的な初級日本語文法

日本語 中級

  1. 地理・歴史・経済・科学・スポーツ等の各分野の文章読解能力・聴解能力
  2. 文型を使用した短文作成、長文作成の能力
  3. 教科書以外のビデオ教材・読解教材を使用した聴解・読解能力の習得
  4. スピーチや会話能力の習得

日本語 上級

  1. 高度な日本語の読解能力、語彙・文型の運用能力、会話能力の習得
  2. 教科書以外のビデオ教材・ニュース・新聞記事等を使用した高度な聴解・読解能力の習得
  3. 自由討議・発表等による高度な発話能力の習得

日本語の授業進度

  前期 後期

Aクラス

日本語能力試験N2程度

中級 上級

Bクラス

日本語能力試験N3程度
初級 中級 上級

Cクラス

日本語能力試験N4程度
初級 中級 上級

学部科目聴講制度

留学生別科 上級クラス(Aクラス)では、学部科目を聴講することができます。そして、学部の先生の指導を受けながら、学部編入や大学院進学のための専門基礎力を身につけることができます。

定期試験

第1回 7月末 日本語・英語
第2回 11月末 日本語・日本事情・英語
第3回 1月末 日本語・日本事情・英語

卒業要件

成績 年3回の定期試験の得点総平均が60点以上であること。
出席 出席率が80%以上であること。

〈2014年4月1日更新〉