戻る留学生総合保険

保険の内容

留学生総合保険は、ケガや病気によって死亡した際の補償だけではなく、誤って他人にケガを負わせたり、他人の物を壊したり、住居の火災などによって賠償責任が生じた際などに対応する、本学独自の保険制度です。非常時の親族の渡航費用等(救援者費用)も補償されます。外国人留学生は全員この保険に加入しています。保険料は大学が負担します。補償請求があった場合、大学が保険金受取に関する手続を代行し、保険金が支払われます。

補償の内容

(1)傷害・死亡(上限50万円)

  1. 事故によるケガが原因で事故の日から180日以内に死亡したとき。
  2. 事故によるケガが原因で事故の日から180日以内に後遺障害を生じたとき。

(2)疾病・死亡(上限50万円)

  1. 病気により死亡したとき。
  2. 補償期間中に発病し、または補償期間中に原因が発生し、補償期間終了後72時間以内に医師の治療を受け、補償期間終了後30日以内に死亡したとき。

(3)救援者費用

次の場合に、家族等の救援者3名の来日に関わる経費を負担します(上限300万円)。

  1. ケガをして事故の日から180日以内に死亡したとき。
  2. 病気により死亡したとき。
  3. ケガまたは病気により7日以上入院し、医師が介護人の必要を認めたとき。
  4. 搭乗している航空機、船舶等が遭難したとき。
  5. 事故により生死が確認できない場合。
  6. 緊急な捜索、救助活動が必要となったとき。(ただし、本人の無事が確認できた以降の費用は対象になりません。)

(4)個人賠償責任(上限1億円)

  1. 日常生活中の偶然な事故によって他人にケガをさせたり、他人の物を壊して法律上の賠償責任を負ったとき。

(5)借家人賠償責任(上限1000万円)

  1. 火災または破裂、爆発によって借用戸室に損害を与え、家主に対し法律上の賠償責任を負ったとき。

補償の対象にならない主な例

(1)傷害・死亡後遺傷害

  1. 故意によるケガ
  2. 自殺行為、犯罪、闘争によるケガ
  3. 無資格運転、酒酔い運転によるケガ
  4. 脳疾患、疾病、心神喪失によるケガ
  5. 地震、噴火、津波、戦争、暴動などによるケガ
  6. 頸部症候群(いわゆる「むちうち症」)または腰痛で他覚症状のないもの

(2)疾病・死亡

  1. 故意による疾病
  2. 妊娠、出産、早産、流産およびこれらに起因する疾病
  3. 歯科疾病

(3)救援者費用

  1. 故意による事故、疾病
  2. 闘争行為、犯罪行為
  3. 戦争、その他の変乱
  4. 頸部症候群(いわゆる「むちうち症」)または腰痛で他覚症状のないもの

(4)個人賠償責任

  1. 故意で起こした事故
  2. 業務遂行に直接起因する事故
  3. 自動車、航空機、船舶、銃器による事故
  4. 他人から預かったり借りたりしているものに生じた事故
  5. 地震、噴火、津波による事故

(5)借家人賠償責任

  1. 借用戸室の改築、増築、取り壊し等の工事に起因する事故
  2. 借用戸室を貸し主に引き渡した後に発見された借用戸室の損壊に起因する事故
  3. 借り主と借用戸室の貸し主との間に損害賠償に関する特約がある場合において、その特約によって加重された賠償責任

学生健康保険

このほか、留学生に適用される保険として、本学独自の「亜細亜学園学生健康保険互助組合」があります。

 

〈2016年4月1日更新〉