留学・国際交流

  • 選べる!学べる!多彩な海外留学制度
  • 留学体験者の声・留学成果
  • 留学を成長に結びつけるサポート
  • 提携留学プログラム・私費留学
  • 世界からの留学生の受け入れ
  • お問い合わせ

    インターナショナルセンター

    戻る卒業生からのメッセージ

    李さん

    株式会社レアリゼ
    NPO法人 日本サーバント・リーダーシップ協会

    平成13(2001)年度 国際関係学部卒業

    現在働いているレアリゼは、企業の人材教育の研修や組織開発のコンサルティングを行う会社です。営業職として、企業の人事部の担当者の方とコンタクトしながら、社内での課題を踏まえたうえで、マネージャー研修や次世代リーダーの育成のプログラムを提案していきます。・・・・・・   

    原さん

    株式会社力の源ホールディングス
    平成6(1994)年度 国際関係学部卒業

    中学生のときに、国際交流事業でにっぽん丸クルーズに参加したことが海外に目を向けるようになったきっかけです。大人びた外見やふるまいをする同年代のオーストラリア人に圧倒され、「ショック」の一言でした。・・・・・・

    潮崎(青島)さん

    ANAエアポートサービス株式会社
    平成24(2012)年度 国際関係学部卒業

    私は国際線のグランドスタッフとして、カウンターでの搭乗手続きや荷物のお預かり業務、搭乗口での改札業務などを行っています。昨年から3〜4名のチームのリーダーとなり、責任の重さを感じる日々。・・・・・・

    駒村さん

    フリーキャスター 環境カウンセラー
    平成8(1996)年度 国際関係学部卒業

    フリーキャスターをしていますが、英語を使う仕事をすると、その度に「AUAPに行って良かった」と思います。例えば、ポール・マッカートニーの密着取材をした時のこと。取材後、放送で使ってはいけないといわれた箇所をどうにか放送したいディレクターが「ダメもとでいいから、コマちゃん英語で交渉してくれない?」と言い出し、 …

    若月さん

    日本労働組合総連合会(連合)
    平成7(1995年)年度 経営学部卒

    私は、1992年9月よりセントラルワシントン大学で約半年を過ごしました。私にとっては初めての海外でした。私がアメリカにいた1992年は、折しも大統領選挙の年で、学生の間でも誰が当選するのか、誰を応援するのかということで大変な盛り上がりを見せていました。…

    木村さん

    松下電器産業(株)パナソニック オートモーティブシステムズ社
    平成9(1997)年度 国際関係学部卒業

    私は陸上競技部のスポーツ推薦で亜細亜大学に入学しました。亜細亜大学に入学した理由は箱根駅伝を走りたかったからです。 大学に入学してからももちろん、全国から集まったライバル達に負けないよう競技に打ち込みました。そんな私の転機となったのがAUAPでした。…

    倉内さん

    キリンビール(株)
    平成7(1995)年度 経営学部卒業

    私が亜細亜大学に入学したいと思った理由の一つにAUAPがありました。 「自分の知らない世界を自分の目でみてみたい。」その想いを抱きながら、初めて訪れたアメリカは、“驚き”と“気づき”の連続でした。…
     

    富士電機デバイステクノロジー株式会社
    平成10(1998)年度 国際関係学部卒業

    私は1994年2月から7月までの5ヶ月間、AUAPに参加しました。AUAPが初めての海外生活だった私にとって、この5ヶ月間は今でも思い出深いものです。また、私も、AUAPに参加して良かったと思っている一人です。…

    疋田さん

    Photographer
    平成11(1999)年度 国際関係学部卒業

    AUAP経験者(平成9年前期/イースタン・ワシントン大学留学)として後輩達に何かメッセージを、そう依頼されて久々に10年前のアルバムを引っ張り出しました。…
     

    佐藤さん

    凸版印刷株式会社
    平成10 (1998) 年度 経済学部卒業

    私は1993年2月から半年間、AUAPに参加しました。 出発に際しては、出来るだけたくさんのことにチャレンジすることを目標に決めていました。それでも当初は、英語も片言で、ルームメイトとの自己紹介もドキドキして自分をうまく伝えられず…

    稲垣さん

    (株)矢野経済研究所
    平成9(1997)年度 国際関係学部卒業

    1993年にセントラルワシントン大学(CWU)に行きました。自分にとって初めての海外でした。振り返ると、現在の自分は全てAUAPから始まったと言えます。AUAPで英語を使って異なる文化を持つ人達と話すことの楽しさを知り…
     

    小笠原さん

    沖縄タイムス
    平成10(1998)年度 法学部卒業

    海外旅行の経験すらなかった自分にとって、アメリカでの生活は毎日の1分1秒が新発見の連続でした。普段の日常が“活きた授業”の様なものでしたから、学校以外にもホームステイや、様々なアクティビティーにも参加したりして…

    笠原さん

    NPO 子供地球基金職員
    平成12(2000)年度 国際関係学部卒業

    私がAUAPに参加したのは、ちょうど10年前の3月から7月の5ヶ月間でした。初めての渡米にあたり、出発直前は興奮と不安とが入り混じった気持ちで毎日を過ごしていたことを今でも覚えています。あの5ヶ月間は…
     

    高田さん

    外務省
    平成8(1996)年度 国際関係学部卒業

    オレゴン州立大学(OSU)でのAUAP留学は、はじめての海外体験で、言葉、文化、授業のスタイルなど、多くの違いに毎日直面しました。そして、違いを超えて他人と分かり合い、物事をやり遂げる喜びを得る機会が多くありました。たとえば…

    〈2017年5月9日更新〉