留学・国際交流

戻る韓国青年訪日研修団と学生が交流(1/16)

 公益財団法人日韓文化交流基金が主催する韓国青年訪日研修団の大学生35人と、引率者5人の一行が1月16日に本学を訪れました。
 これは日韓両国で民間の文化交流を強化し、相互理解と信頼関係の増進を目的とした交流活動の一環で、「日本を感じる」をテーマに韓国の大学生を招聘したもの。本学訪問では学生との交流や日本文化の体験を通じ、互いに理解を深めました。
 はじめに栗原孝副学長の歓迎のあいさつ、記念品の交換を行った後、グループに分かれてゼミ学生と交流。日本と韓国の学生がペアになり、互いの似顔絵を描いて相手のプロフィールを発表する他己紹介やディスカッションを行いました。
 昼食後には、手ほどきを受けながら、全員で茶道を体験。慣れない正座や細かな作法に戸惑いつつも、笑顔がのぞく和やかな時間を過ごしました。
<2015年01月21日 11時38分>