留学・国際交流

戻る池部さんが全日本青年作文コンクールで優秀賞を受賞

経営学部の池部菜々子さん(経営2)が、中華人民共和国駐日本国大使館、人民中国雑誌社、日本科学協会公益財団が主催する「Panda杯全日本青年作文コンクール2014」で優秀賞に輝きました。

これは「わたしの目に映る中国」をテーマに日本人が日本語で書く作文のコンクールで、政府から承認を受け初めて開催されたもの。国際関係学部・三橋秀彦准教授の指導を受けた池部さんは、昨年のAUGPで北京師範大学に留学し、その課題として同テーマで作文を提出しました。

悪化する日中関係や強い反日感情、領土や環境問題など中国に対するマイナスイメージが、中国語を学び短期留学を経験して次第に変化する思いを「色」の変化に例えて表しています。昨年12月19日に行われた中国大使館での表彰式には両親とともに出席。副賞として翌20日からは他の受賞者と7日間中国を訪問しました。

現地では、エリートが集まる中国人民大学日本語学科の学生と日中両国の関係について熱のこもったディスカッションが行われ「日中両国のメンバーともに問題意識が高く、ふみ込んだ話題に本音で語り合う充実した内容だった」語ってくれました。

この訪中で更に中国で学びたい思いが強くなり、現在は2月の交換・派遣留学制度の試験に向け勉強に励んでいます。

<2015年01月26日 16時32分>