留学・国際交流

戻る【AUGPニュージーランドレポート②】クライストチャーチ観光とホストマザーの手料理

亜細亜大学グローバルプログラム(AUGP)ニュージーランド現地レポート第2弾

現在、亜細亜大学グローバルプログラム(AUGP)ニュージーランドに参加しているAUGP現地リポーターの安部さんから、留学先のクライストチャーチでの様子についてレポートが届きました。
第2弾の今回は、現地学生との交流やホームステイ先での食事について報告します。

<現地学生とクライストチャーチ観光>
週末は、現地学生のNathanにクライストチャーチ市内を案内してもらいました。写真は、クライストチャーチにある標高約400mの丘、マウント・キャベンディッシュの山頂です。山麓の駅からロープウェイで山頂まで登ることができ、山頂からは360度クライストチャーチの素晴らしい景色を見渡すことが出来るので、おすすめのスポットのひとつです。

<みんなで宿題タイム>
留学先の授業では、ほぼ毎日宿題がでます。放課後みんなで集まって、電子辞書等を使いながら宿題に取り組みますが、分からないところは現地学生のNathanに教えてもらうこともあります。また、彼は日本語を専攻しており、日本語の宿題があるため、お互いに分からないところは教え合いながら勉強しています。現地学生と一緒に勉強することで、少しずつ英語力がアップしてきたと感じます!

<イギリスの伝統料理フィッシュアンドチップス>
フィッシュアンドチップスといえばイギリスの代表的な料理ですが、旧イギリス植民地であるニュージーランドでも、手軽なファストフードとして親しまれています。お店でテイクアウトをして家で食べるのが一般的ですが、このフィッシュアンドチップスはホストマザーが手作りしてくれました!

以上

国際交流課

<2016年08月25日 11時29分>