留学・国際交流

戻る2016C2AUAP留学レポート イースタンワシントン大学より⑤

今週は、イースタンワシントン大学(EWU)の丹生早咲さんより、レポートが届いています。

【ウィンターブレイク】
サンディエゴに5日間滞在して来ました。サンディエゴに派遣されている友達のホームステイ先に泊まらせて貰いました。友達のホストファミリーと会話をしたり、ある1日はアイススケート場に連れて行って貰い、出掛けました。寮生活の私にはホームステイは新鮮で英語を嫌でも話せる環境にあると思いました。しかし、ご飯の時間やシャワーのルールなど決まり事が各家庭であり、ホストファミリーに対し気を遣ったりしている友達を見て少し大変な一面を感じました。人の家で生活をすること、アメリカ人の生活に自分も入るということはなかなか大変な事だと数日間の滞在で知りました。
またワシントン州とカルフォルニア州の気候かが違いすぎて驚きました。加えてワシントン州の田舎さとカルフォルニア州の都会の差が大きいです。サンディエゴには観光地が沢山あって私もこの旅行で何ヶ所か回りました。海が近くにあり、私はパシフィックビーチ沿いを歩きました。また自転車を借りてサイクリングも出来ます。またサンディエゴズーという世界トップ10に入るほどの巨大な動物園に行きました。園内を回りきるのに1日かかります。そんな動物園が2016年で100周年でした。記念すべき年に行くことができて良かったです。また天候が悪く行けなかったのですが、観光予定だったのがLEGOパークと、ポテトチップスロックです。とても充実した旅でした。
 【後輩の皆さんに伝えたいこと】
旅行では行きたい所を念入りに調べ、交通手段や時間をしっかり決めて置いた方が良いと思います。時差もアメリカ国内でも場所によって発生しますし、日本ではなんとかなる事もアメリカでは言語に加え、日本の常識を遥かに超えてくる場合もあるので下調べは重要だと思います。旅行中感じたことはやはり携帯はアメリカ放題にするべきだと思いました。私はWi-Fiがあるところでしか携帯をネットに繋げないのでバスを乗り継いだり、ウーバーというタクシーに乗るのに苦労しました。
また、サンディエゴに派遣されてる友達が口を揃えて言っていたのがミールカードが無い不便さです。私たち三大学と比べ、事前にわかっているとはいえお金を使う頻度は高そうです。私も少しのキャッシュしか持っていかなかったのですが、結構クレジットカードが使えないお店などもあるのでキャッシュも充分に準備しておいた方が良いと旅のあいだ思いました。アメリカでキャッシュをおろせるカードを作ることがベストだと思います。
  留学という大きなテーマから見るとやはり学生のうちに経験してる人としてない人では大きく違うとまだ残り1ヶ月ありますけど心から感じます。というのも来る前の9月の時点の自分と今とで英語力も違いますし、色々な人種、人間性や人の性格、文化がある事を知れたからです。学業の面だけではなく、人として成長出来るよう出発前から志、目的や熱を持って準備して置くことがより良い留学生活になると感じます。英語という言語については出発前から少しでもフレーズを覚えたり、単語帳を見たりして置くだけでこの5ヶ月の伸びは大きく変化すると思いますし、スタートの時点で周りの人と差をつけられると身をもって思いました。

以上
国際交流課

<2017年01月10日 17時14分>