留学・国際交流

戻る【アメリカ(CWU)・交換留学レポート⑩】Yakima、誕生日パーティー、野球部での活動

亜細亜大学 交換・派遣留学生制度(AUEP) -セントラルワシントン大学(CWU)

 アメリカ・CWU交換留学レポート第10弾です。今回は、9月からセントラルワシントン大学(アメリカ)に留学している佐々木誠くんに、エレンズバーグ近郊のYakimaという街を訪れた時の様子、寮の友達の誕生日パーティー、参加している野球部での活動について報告していただきました。

CWUから近い町、Yakimaへ!

 これは、Ellensburgから車で一時間ほど離れたところにあるYakimaという町にある友達の家に遊びに行った時の写真です。Yakimaは先住民のインディアンが名付けたのが由来です。町の近くにインディアン居留地があり、今でも先住民のインディアンの文化が根強く残っています。モールがあり、服の買い物をするときには、そこに行って買っています。他には、トランポリンやアイススケート場などのアミューズメントパークなどもあり楽しめる場所でもあります。昼食はMiner’s というハンバーガー屋に行きました。10ドルでマクドナルドのハンバーガーの二倍はあるハンバーガーと量の多いフライドポテトをいただきました。ボリュームはかなり多いですが味が美味しく完食することができました。(笑)そのあとは、友達の家に遊びに行きました。一つの大きな公園なのかと思うくらいの広大な庭を持っていて驚きました。

誕生日パーティー!

 これは、同じ寮に住んでいる友達の誕生日パーティーの時に撮った写真です。前の記事にも書いたように私の住んでいる寮は他の寮に比べ小さく、人数が少ない寮です。そのおかげで他の人と親しみやすく、すぐにたくさんの友達ができました。同じ寮の友達との間で恒例の行事になっているのが「誕生日パーティー」です。友達が多い分、誕生日パーティーの回数が多いです(笑)11月が一番多く、4人祝いました。毎回ユニークな方法で祝いあっています。例えば、ある人の誕生日にはみんながスーツやドレスを着て、レストランに行って祝いました。私の誕生日を祝ってもらった時もとても嬉しかったし、何回やっても友達の誕生日を祝うことはとても楽しく幸せな気持ちになれます!

野球部に参加!

 これは、野球部にマネージャーとして参加した時の写真です。留学の初めの頃に野球部のトライアウトを受けたのですが、不合格でした。しかし、それでも野球部に関わりたく、マネージャーとして自分の都合にあった時に手伝いをするという条件で参加することが決まりました。これまでで、バッティングの練習の手伝いや、試合の審判をしました。思ったことは、同じスポーツでも野球とベースボールは違うということです。例えば、野球ではバントや盗塁などを仕掛けることで、点を取りに行きます。しかしベースボールはあくまでもバッティングだけで点を取りに行くようなイメージです。ほとんどの選手が私よりかなり身長が高く、体格も大きいので打球も早いし遠くに飛ばします。いつもすごいなと感心しながら手伝っています。(笑)参加してまだ間もないですが、英語の野球用語を早く覚えてチームに溶け込めるように頑張ります!

(国際交流課)

<2018年03月01日 14時00分>