留学・国際交流

戻る留学生弁論大会を開催しました

留学生会が主催する「第40回太田耕造杯留学生弁論大会」(後援:公益財団法人武蔵野市国際交流協会と毎日新聞社多摩総局/協賛:東京海上日動火災保険(株)、ジャパントラベルイースト(株)、日中平和観光(株))が12月6日に学内で開催されました。

本企画は日ごろの学習成果を発表するとともに、日本人学生との交流を深めることを目的に毎年開催しているものです。

今年は「私が日本と繋がったきっかけ」を共通テーマに中国・韓国・ベトナム・インドネシア・フィリピンからの留学生10人が出場しました。

最優秀賞に輝いたのはインドネシアからの留学生、アリサ・ヌー・ラフマワティ(別科生)さん。
アリサさんは2004年に発生したスマトラ島沖地震当時を振り返り、支援に駆け付けた日本人の、災害で傷ついた心に寄り添う「思いやり」に触れた経験を語りました。母国で日本思想や歴史を研究したのちに来日したアリサさんは、日本で過ごす日々のなか、他者への思いやりが自身の幸福につながることを実感。この気持ちが芽生えた時、日本との繋がりを覚えたそうです。
スピーチの最後には「気持ちを分かち合う心で平和な世界を築いていきたい」と締めくくりました。


(撮影=橋本愉歩学生記者)

<2018年12月20日 10時23分>