留学・国際交流

戻るモンゴルからの研修団が来学

モンゴルからの研修団が、1月21日に本学を訪問し、鯉渕信一元学長の講義を受講しました。

一行は小学校・中学校・高校・大学の教員が中心の12人。鯉渕元学長は、「モンゴルでは災害があっても移動するため物を貯めませんが、日本は災害に備えて水や食糧を備蓄します」と、具体的な例を挙げながら、日本の文化や生活習慣を解説しました。

講義のあとは、国際交流センター職員から本学の概要説明があり、その後、学園史展示室やASIA PLAZAなどを見学しました。
<2019年01月21日 18時26分>