留学・国際交流

戻る九門教授と夢カレ生が神田女学園中学校高等学校で講演しました

11月13日、神田女学園中学校高等学校を九門大士アジア研究所教授とアジア夢カレッジの学生3人が訪問し、「グローバル・AI時代に必要な海外での『ときめき』とキャリア~アジア夢カレッジ(AUCP)での学び~」をテーマに、プログラムでの学びなどを紹介しました。これは同校のキャリア教育の一貫で行われたものです。

当日はおよそ400人の生徒を前に、九門教授がグローバル化、AI化が進む時代にキャリアをどう考えるか講演。続いて夢カレッジの学生がそれぞれ、留学中の生活、学び、インターンシップでの気づきなど、それぞれの体験から得た気づきを紹介しました。

生徒からは、「帰国後は現地の友達と、何語でコミュニケーションしていますか?」、「語学を学習する上で大切なことは?」といった積極的な質問がありました。
<2019年11月15日 14時27分>