留学・国際交流

戻る留学生が田無高校で異文化交流会を実施しました

△「泰国(タイ)」の書き順を教わる留学生

日本の地理や経済 、社会について学ぶ「日本事情」の授業の一環として、33人の留学生別科生が11月27日に都立田無高校を訪問し、異文化交流会を行いました。

留学生は1クラス3人か4人ずつに分かれ、茶室、柔道場、理科室などを見学。案内役の生徒と英語、日本語を交えながら交流しました。その後、1年生のクラスで自国の都市や食文化について紹介し、生徒たちが準備しためんこ、百人一首、書道、折り紙やけん玉などの日本文化を体験しました。

留学生たちは「柔道のパフォーマンスは迫力がありました」、「アメリカで日本人の先生に折り紙を教えてもらったことを思い出し、懐かしかったです。有意義な会でした」と語りました。
 

▽校内の教室について説明を受ける留学生たち

▽フランスの街を紹介すると歓声が上がった

<2019年11月27日 17時30分>