留学・国際交流

戻るアジア夢カレッジ インターンシップ成果報告会が開催されました

4年一貫の人材育成を目的とした「アジア夢カレッジーキャリア開発中国プログラムー」の成果報告会が2月8日に開催されました。

2年次に中国・大連に留学し、約4か月間の中国語研修と現地の企業・団体で約8週間のインターンシップを行う中国プログラム。当日は、2年による海外インターンシップの成果報告、3、4年生による研究テーマ別の成果報告が行われました。

高橋若生さん(法・2年)は、中国系、日系2か所の法律事務所でインターンシップを行った経験を報告。業務を通じて日本と中国の時間の使い方に対する意識の違いや働き方の違いを認識し、「違う部分があるからこそ報告・連絡・相談を通じてコミュニケーションを密にとっていくことの大切さを学んだ」と語りました。

報告会に参加した企業・団体からは、「インターンシップを経験して終わり、ではなくインターンシップでの経験が帰国後の行動でどのように生かされているのかも振り返って、次の行動につなげていってほしい」とアドバイスがありました。
<2020年02月08日 17時30分>