戻るアジア研究所について

亜細亜大学は、その名称の示す通り、創立以来「日本およびアジアの文化社会の研究と建設的実践に重点を置き、アジア融合に新機軸を打ち出す人材の育成」を使命としてきました。アジア研究所は設立から50年を超える歴史を有し、亜細亜大学の附置研究所として、研究成果を社会に還元しています。

昭和36年12月 亜細亜大学一般教育部会に「アジア文化研究会」を設立

昭和43年5月

「アジア研究センター(ARC)」を設立

昭和48年6月  

亜細亜大学附属「アジア研究所」を設立

昭和49年5月

「海外実地調査研究」を開始

昭和50年3月

「アジア研究所紀要」創刊号を刊行(年1回発行)

昭和50年6月

「アジア研究所所報」創刊号を刊行(年3回、平成53年度より年4回刊行)

昭和52年8月

日本・モンゴル政府間文化交流取り決めに基づき、「モンゴルの近代化に関する、総合的研究」第1次調査隊をモンゴルに派遣(第2次派遣は、昭和53年9月)

昭和52年12月

研究プロジェクト「諸民族の自然観比較研究」の研究会を発足

昭和53年5月

研究プロジェクト「ネパールの近代化に関する総合的研究」の研究会を発足

昭和53年10月

研究プロジェクト「国際関係研究」の研究会を発足

昭和54年10月

本学、米国西ワシントン大学間「学術文化交流協定」を締結(研究所が本学の窓口となる)

昭和55年1月

研究プロジェクト「中国の近代化研究」の研究会を発足

昭和55年4月

H.G.シュワルツ客員教授(西ワシントン大学)による、特別講座「中国とアメリカ」を開講

昭和55年11月

第14世ダライ・ラマ猊下特別講演会「未来の世界市民に対する私の期待」を開催

昭和56年6月

第1回公開講座アジア文化シリーズ「チベットの文化と歴史」を開講(その後毎年開催)

昭和57年4月

「チベット研究文献目録(日本文・中国扁)1877年~1977年」(貞兼綾子編)を刊行

昭和59年5月

第14世ダライ・ラマ猊下特別講演会「21世紀と宗教の使命」を開催

昭和60年4月

研究プロジェクト「東南アジア研究」の研究会を発足

昭和61年1月

「チベットわが祖国 - ダライ・ラマ自叙伝 - 」(木村肥佐生訳・注)を刊行

昭和62年3月

「アジア研究所叢書」第1号を刊行

昭和63年4月

アジア研究所と中国中央民族学院間との共同研究を開始

平成2年6月

研究プロジェクト(全8プロジェクト)が発足

平成4年5月

「チベット政治史」(W.D.シャカッパ著、貞兼綾子監修、三浦順子訳)を刊行

平成4年12月

「アジア研究所・研究プロジェクト報告書」第1号を刊行

平成8年12月

セミナー「アジア・ウォッチャー」を開講(その後カレントなテーマを取り上げ毎年3,4回開催)

平成11年5月

本学3号館講堂にて、『ガムラン演奏会』を実施

平成17年7月

公開講座25周年記念シンポジウム「政冷経熱の日中関係」を開催

平成20年5月

同済大学亜太研究中心(中国)と学術文化交流協定を締結

平成21年8月

延辺大学日本学研究所(中国)と学術文化交流協定を締結

平成23年4月

アジア研究所・新彊財経大学経済学院の共同研究を開始

平成25年3月

雲南大学GMS研究センター(中国)と学術文化交流協定を締結

平成25年4月

アジア研究所とモンゴル国立教育大学、モンゴル商工会議所との共同研究を開始

平成30年9月

アジア研究所設立50周年記念シンポジウムを開催

平成30年11月 アジア研究所設立50周年記念シンポジウムを開催

〈2020年3月6日更新〉